ダンサーになるには?ダンス教室や専門学校でプロの指導を受けることが必要

記事の著者:1487985

ここ数年、急速に人気の職業となってきたのはダンサーです。文字通りダンスをする職業ですが、どのようにすればなれるのか説明していきます。

自分を表現するのに、ダンサーはすてきな職業の1つです。実際はダンサーと一口にいっても多岐にわたり、幅広く種類があります。

自分がなりたいダンサーのジャンルをきめたうえで、目指すようにしましょう。

ダンサーのなり方

ダンサーとは、実際にプロとして活動するダンサーのことです。

プロで活動するためには、ダンスの基本である体の使い方から各種ステップまでの基礎部分を習得していなければなりません。

そして大切なこととして、踊るダンサー自身の個性や表現力および創造性がつよく問われるでしょう。

そのためには、独学ではどうしてもむずしい部分があり、プロのレッスンを受ける必要があります。場所としては、各地にあるダンス教室や専門学校などがあります。

選択の基準としては、自分が求める知識やスキルを確実にもっている有名な講師がいることや、プロになる道を確実にできるバックアップ体制などを考慮するようにしておいてください。

ダンス教室などのカリキュラムを無事に修了すれば、本格的にダンサーとして活動するために、芸能プロダクションやダンス専門のスタジオに所属して、活動の場を広げていきます。

自己表現がある程度できて、個性をうまくアピールできるのであれば、フリーランスとしてもさまざまなダンスを踊る仕事に取りくんでいくこともできます。

しかしいっきに才能が開花するというよりは、地道に経験をつんで上を目指していく職業でしょう。ダンス経験をどんどん高めていって、必要とされる場面で必要とされたスキルを全力で表現し、評価を上げることが大切です。

ダンサーに必要な資格

ダンサーに必要な資格は、基本的にはこれといったものはありません。国家資格もありませんし、特別な資格もありません。

しいていえば自分が目指すダンスのスタイルに関係して、民間団体が認定資格としてだしているものがあるので、必要があればその資格を取得するのがいいでしょう。

1つにはキッズダンサー向けの資格で、キッズダンサー資格認定制度があります。

これは2つの制度で運用されていて、1つはゼネラルキッズダンサー資格認定で、もう1つはプロフェッショナルキッズダンサー資格認定です。

また、ストリートダンス向けの資格として、ストリートダンス検定があります。これは、ダンサーのレベルの把握に役にたち、ダンサーのレベルの証明にもなります。

ダンサーとして活躍するために必要な能力

ダンサーとして大切な能力は、一番はダンスがなによりも大好きなことです。

そして、人に対して「魅せる」仕事ですので、なにより華がないといけません。これは、ただ目立てばいいということではなく、ダンスがより美しくみえるパフォーマンスを、きちんと表現できる能力のことです。

すなわち、自分の体をきちんと大切にメンテナンスできる人でないといけないということでもあります。また、ダンスを踊ることを自己の満足のためにおこなうのではなく、前向きな気持ちを前面にだし、人を喜ばせるという使命感や熱意をもっていなければいけません。