探偵になるには?探偵の求人情報は比較的多いため、未経験でもなれる可能性が高い

記事の著者:1487985

探偵とは、相談者からの依頼に基づき、さまざまな調査や警備をおこなう仕事を指します。名探偵コナンをはじめ、アニメや漫画でもよく描かれる職種の1つになっています。

ただし現実世界の探偵を思い浮かべると、どこか裏の世界に関わる仕事のイメージを持つ人は少なくないでしょう。しかし、今は立派な調査業というジャンルでハローワークでも求人のある仕事です。

今日本には、法人・個人合わせ5,700件ほどの探偵事務所があるともいわれています。不倫問題が大きくなっていることや、個人情報の保護の問題が厳しくなりつつある今、探偵という仕事はまだまだ需要がある仕事といえるでしょう。

今そんな人気の職業である探偵になるには、どうすればいいのでしょうか?

探偵のなり方

もっともオーソドックスなものとしては、ハローワークやインターネット求人で探偵の求人情報にアクセスして応募することです。

実務経験があれば、なお良いですが、経験がなくても採用されることは十分にあります。ただし採用されるためには、一般企業の採用条件と同様、一般常識やある程度の探偵業に関する知識を持っている必要があります。

最近は探偵養成の専門的な学校もありますので、もしも即戦力で活躍したいという希望があれば、こういったものを利用していち早く探偵として採用されて働く道を目指すこともできます。

独立して個人で探偵業を営みたい場合

いずれ独立して個人で探偵業を営みたいと考えている場合、いきなり独立するのではなく、始めはどこかの探偵事務所に所属して経験を積むほうがいいです。なぜなら、探偵業は開業する人も多いのですが、それ以上に廃業する人も多いという現実があるからです。

探偵業も当然のことですがビジネス。顧客を確保して事業を安定的に経営しなければ立ちゆかなくなります。顧客獲得のスキルを身につけるためには、大手や知名度のある探偵事務所の宣伝広告能力や顧客満足度の高さなどを勉強する必要があります。

探偵業はなるにはそう大変な努力はいらないのかもしれませんが、実はなってからが大変なのです。

探偵として活動してからの成果次第で、この先も十分やっていけるかどうかがはっきりする仕事だといえるでしょう。

探偵に必要な資格

探偵になるために、必要な資格はありません。しかしアメリカなどの諸外国では、きちんとした資格制度を設けている国もあります。

ただし日本では、資格制度がないためにさまざまなトラブルが起こっていたため、その予防なども含めて平成19年に通称探偵業法と呼ばれる法律が施行されました。この法律によって、探偵業を日本でおこなう場合は国に届け出を義務付けられました。

また、探偵業務を顧客に評価してもらうために、民間資格を取得しておくのもいいでしょう。

・探偵業務管理者検定
探偵業を営む者や管理者に対する評価をする資格です。

・探偵調査委検定
実際に探偵業務をおこなうさい、聞き込みや張り込みなどのスキルのレベルを評価する資格です。

探偵で活躍するために必要な能力

探偵は長期間にわたって調査を旨とする仕事です。そのため絶対条件として体力が求められます。過酷な張り込みなどの現場調査でも屈しない体力はとても大切な武器となります。

また、聞き込みをするさいなど他者とコミュニケーションを取る場面も数多くあります。きちんとした情報を得るためには、この聞き込み時における交渉力や分析力・精神力を要求されます。

情報の把握を間違えてしまうと、全ての調査内容が狂ってしまい、トラブルの元になることもあります。専門的なコミュニケーション能力や心理学が必要になる場合もあるでしょう。

そして相談者の悩みを絶対に解決しようと思う、諦めない強い思いが、何よりも大切なポイントになります。

まずは転職サイトで可能性を

探偵に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、探偵への転職実績も多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。