聴導犬訓練士になるには?日本聴導犬・介助犬訓練士学院に入学してスキルを磨く

記事の著者:1487985

盲導犬という言葉はよく聞くと思いますが、聴導犬を知っていますか?

聴導犬とは、聴覚障害者の生活を支えるために、音を知らせたり、命を守ったりする補助犬のことです。

その聴導犬を育成するためにある資格が聴導犬訓練士です。

そんな聴導犬訓練士になるにはどうすればいいのか説明していきます。

聴導犬訓練士のなり方

日本における聴導犬の歴史は浅く、聴導犬として活躍している犬も盲導犬と比較すると絶対的に数が不足しています。

最近では国としても、聴導犬の育成に力を入れていますが、聴導犬訓練士になるための場所もまだまだ少ないのが現状です。

数少ない聴導犬訓練士の養成所として、もっとも力を入れているのは、(福)日本聴導犬協会が主催している「日本聴導犬・介助犬訓練士学院」になります。学校のようですが、学校法人ではありません。

この養成所で、約1年間の研修期間を修了すると、認定資格である聴導犬・介助犬准訓練士資格が付与されます。資格を保持したあと、一定の知識を吸収して実務をおこなえるようになると、聴導犬を育成する具体的な仕事に携われるようになります。

1頭の聴導犬を育成するためには、およそ1年間の期間を必要とします。その間、聴導犬の候補犬と生活の大半を共にするようになります。

生き物に関わるということは、生活の全てを捧げるくらいの強い使命感と努力が求められます。訓練所等で聴導犬の候補犬と何匹も触れ合うようになりますが、担当した犬が全て無事に聴導犬になれるとは限りません。

当然、いろいろな理由で聴導犬を断念せざるを得ない場合もあります。そのため、聴導犬訓練士として訓練に関わるのは非常に難しく、心苦しい場面もあります。

聴導犬訓練士に必要な資格

聴導犬訓練士に必要な資格として国家資格はありませんが、実際に聴導犬訓練士として仕事をしていくのであれば、いくつか民間の認定資格を保有することが大切です。

民間の認定資格には、JSV公認訓練士・JKC公認訓練士・NPD公認訓練士の3つの資格があります。

JSV公認訓練士は、(社)日本シェパード犬登録協会が認定する資格です。

JKC公認訓練士は、(社)ジャパンケネルクラブが認定する資格になります。

NPD公認訓練士は、(社)日本警察犬協会が認定する資格となります。

聴導犬の訓練とは性質の違う訓練等をおこなう資格ですが、犬という動物を取り扱うことの基本的な評価をおこなうにはわかりやすい資格といえるでしょう。

聴導犬訓練士が活躍するために必要な能力

聴導犬訓練士が活躍する能力で大切なことは、聴導犬を含めて犬を大切にすることができることが大前提です。そもそも生き物を大切にすることができる慈しみの精神が、必要不可欠な職業であるともいえます。

そして、聴導犬を育成することで、日常生活に困っている聴覚障害者の役に立てることを心から喜べる使命感も重要。飼い犬を飼うこととは全く違う意味を持つ聴導犬育成ですので、このあたりの考え方を混同しないことも大切です。

また、まだまだ聴導犬は世の中に認知されていない部分が多くあるため、世の中にきちんとした情報で告知していく義務もあります。