音楽家になるには?続けるには音楽に対しての情熱が必要

記事の著者:1979690

「音楽家」とは、ギターやピアノなどの楽器を弾く人から声楽を専門にする人などの音楽を専門とする役割を持つ人たちのことです。

音楽家という仕事は、自分の特技である音楽の演奏・表現的技術によって人々を感動させたりすることができる昔から人気の高い職業です。

今回はそんな音楽家のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

音楽家のなり方

音楽家となるためには音楽技術を身につける必要があります。音楽技術を身につけるためには以下のような選択肢があります。

音楽を学ぶことのできる学科や専攻のある大学や短大、専門学校に通う

当然ですが音楽家となるためには、音楽の技術を磨かなくてはなりません。そのためには、上記のような選択肢から音楽技術を磨くことが必要です。

まず、音楽を学ぶことのできる学科や専攻のある大学や短大、専門学校に通うには受験する必要があります。

ほとんどの場合、受験の際には音楽の技術を問われることがあるため、受験前にはある程度の音楽技術を持っておくべきでしょう。

音楽教室などで音楽指導の専門家から指導を受ける

音楽指導の専門家から指導を受けるということも、音楽家になる上では有力な選択肢です。指導者の手腕によって、その教え子の技術が伸びるのかということがかかっています。

また音楽指導の専門家からの指導を受け、音楽技術を身につけてから大学などに入学するというパターンもあります。

大学を出るとオーケストラや劇団、楽団など自身の音楽技術を活かすことができる団体に所属し、音楽家としてデビューすることができるでしょう。

これらの所属先では求人情報などをホームページなどに記載している場合があるので、それを参考に応募するようにしてください。

また近年では、Youtubeなどの動画投稿サイトに自分の音楽演奏動画を投稿して、それで一躍有名になるという可能性もあります。

音楽家に必要な資格

音楽家となる上で、特に必須の資格があるわけではありません。

ただ音楽家として幅広い音楽の演奏方法を知るという意味では、音楽技術などに対してできるだけ多くの知識やスキルを持っていた方がいいと言えるでしょう。

また上記でもある通り、音楽家の求人情報などには応募条件として以下のような項目が挙げられている場合があります。

  • オーケストラの学院として演奏経験を持っている人
  • 音楽大学を卒業している人
  • 作編曲などといった活動を行なった実績を持っている人

つまり音楽制作にある程度の年数、関わったことがあることが必須条件として挙げられているということです。

音楽家で活躍するために必要な能力

音楽家として必要な能力としては以下のようなものが挙げられます。

  • 音楽に関する知識や技術
  • 音楽への情熱

音楽家として重要なのは、音楽に関する知識や技術と情熱です。

そもそも演奏がうまくなければ、音楽を専門にして働くことはできません。また少しでも練習を怠ってしまえば、一流の音楽スキルを維持することはできないでしょう。

またそのようなストイックな日常を継続していける、音楽に対する情熱も必要です。音楽が好きでなければ、音楽家としての生活を続けていくことは難しいと言えます。