音楽評論家になるには?専門学校で音楽技術を学ぶ必要がある

記事の著者:1979690

「音楽評論家」とは、さまざまなジャンルの音楽に対してその音楽の完成度やオリジナリティなどに対して独自の視点で評価をする役割を持つ人たちのことです。

音楽評論家という仕事は、正解のない音楽に対して一定の基準を指し示し、音楽シーンの方向性を定めていくほどの影響力を持つ職業です。

今回はそんな音楽評論家のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

音楽評論家のなり方

当然ですが音楽評論家となるためには音楽を評論できるだけの知識や経験、スキルやノウハウを持っていなければなりません。

そこで音楽を評論できるだけの知識や経験、スキルやノウハウを手に入れるためには以下のような選択肢があります。

  • 音楽を学ぶことのできる学科や専攻のある大学や短大、専門学校に通う
  • 音楽教室などで音楽指導の専門家から指導を受ける

当然ですが、音楽評論家となるためには音楽の技術を磨かなくてはなりません。そのためには上記のような選択肢から音楽技術を磨くことが必要でしょう。

音楽を学ぶことのできる学科や専攻のある大学や短大、専門学校に通うには受験が必要です。

ほとんどの場合、受験の際には音楽の技術を問われることがあるため、受験前にはある程度の音楽技術を持っておかなければいけません。

また、学校では音楽の歴史について学ぶことも大切です。歴史を学ぶことで音楽の潮流が見え、音楽の法則性などを意識して評論できるようになるからです。

音楽指導の専門家から指導を受けるということも、音楽評論家になる上では有力な選択肢の一つとなります。ただ指導者の手腕によって、その教え子の技術が伸びるのか左右するでしょう。

音楽評論家としての活躍の場

大学などを卒業した後には、アーティストとしてのキャリアを磨くなど実績を積みながら、音楽評論家としての活動をすることができます。

具体的には、出版社でライターや編集をしたり、ジャーナリストとして記事を書くことで自身の音楽評論を世に広めることができます。

音楽評論家に必要な資格

音楽評論家となる上で、特に必須の資格があるわけではありません。

しかし音楽評論家として幅広い音楽の演奏方法を知るという意味では、音楽技術などに対してできるだけ多くの知識やスキルを持っていた方がいいでしょう。

また上記でもある通り、音楽評論家の求人情報などには応募条件として以下のような項目が挙げられている場合があります。

  • 自身も本格的な音楽経験があること
  • 音楽大学などを卒業し音楽的知識が身についていること
  • 評論経験などがあること

音楽に対しての経験や知識の豊富さ、また評論経験があるかどうかを問われることがあります。そのため音楽評論家になるときには、ある程度の経験や知識を持っていることが望ましいでしょう。

音楽評論家で活躍するために必要な能力

音楽評論家として必要な能力としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 音楽に関する知識や技術
  • 物事を多角的に分析できる能力

音楽として重要なのは、音楽に関する知識や物事を多角的に分析できる能力です。

そもそも音楽についての専門性がなければ正確に評論をすることはできませんし、評論をしたとしても信ぴょう性にかけるものとなってしまいます。そのため、周囲からも認められる音楽的知識・技術は必須です。

また、評論が自分の好みになってしまっては平等な評価はできません。音楽的知識だけではなく、物事を多角的に分析できる能力も身につける必要があるでしょう。