ファンドマネージャーになるには?的確に情報を分析する能力が必要

記事の著者:1272687

ファンドマネージャーとは、投資信託会社や保険会社などに勤務してファンドの運用を行うスペシャリストです。

運用ファンドの銘柄の選別や入れかえまで一手に引きうけ、分配金はファンドマネージャーの能力で大きくかわってくるので重要な役割を担っています。

今回は、そんなファンドマネージャーになるにはどうすればいいのか、必要な資格や活躍するために必要な能力はなにがあるのかについて紹介します。

ファンドマネージャーのなり方

ファンドマネージャーになるには、まず第一歩として投資信託会社、保険会社、証券会社、金融機関などに就職する必要があります。

高度な知識と実務経験が必須となるため、一般的にはアナリストからはじまり財務分析や銘柄の判断などを学びながら経験をつんでいきます。

企業の財務担当者との交渉術や調査分析の能力を学んでから、ファンドマネージャーに昇格していくことが多いようです。

おもに金融機関や投資信託会社の運用・調査の部門に所属して経験をつみ、ファンドマネージャーになって運用の責任者として活躍します。

金融機関では中途や新卒で運用部門の求人がない場合、総合職として就職し運用や調査などの部門に転属希望を出してみるのも1つの方法です。

ほかにも、証券会社で経験をつみ証券アナリストの資格を入手して、運用部門のある投資銀行や投資信託に転職という道もあります。

そのために、基礎的なこととして必要なのは英語力です。世界の金融市場は、さまざまな要因を背景に日々動いています。ファンドマネージャーはあらゆる情報を分析しなければならないので、語学力も身につけたほうが有利でしょう。

また、顧客への説明責任もあるため運用状況の報告も重要な仕事で責任感ももとめられます。ファンドマネージャーになるには、豊富な経験にくわえ、責任感と実力も必要な職業です。

ファンドマネージャーに必要な資格

ファンドマネージャーになるには、必要不可欠な資格やもっていると有利な資格があります。その資格と特徴を以下で紹介します。

必要な資格

・証券アナリスト資格や米国証券アナリスト

ファンドマネージャーになる前提として大半の人が、アナリストで経験をつんでいることが一般的です。そのため、証券アナリスト資格や米国証券アナリストの資格は必須といえます。

証券アナリスト資格や米国証券アナリストの資格は、分析能力や投資における知識の証明にもなります。

持っていると有利な資格

・ファイナンシャルプランナー:資産運用の設計や立案のプロでもあるファイナンシャルプランナーの資格を取得していると、大きな武器になります。

・簿記資格:ファンドマネージャーは決算書にもたずさわる機会も多いため、簿記資格もっていたほうが有利です。

・英検:外資系や大手の金融機関などでは、英語の能力も必須の条件となリます。

ファンドマネージャーで活躍するために必要な能力

ファンドマネージャーにたいして一番必要とされている能力は、金融全般や運用などの知識の熟知にくわえ、的確に情報分析する能力です。

ファンドマネージャーは顧客から預かった大事な資産を運用をする責任ある立場にあるため、アナリストから集めた膨大な情報をもとに十分な分析能力をかかすことができない職業です。

また、つねに世界中の情勢や情報にアンテナをはりめぐらせて監視することも重要なので、おぼておいてください。