音響監督になるには?まずは企業に就職するのが近道

記事の著者:1979690

「音響監督」とは、アニメやゲームなど海外映像作品の吹き替えなどの際に、音声の演出についての監督の役割を持つ人たちのことです。

音響監督という仕事はアニメやゲーム、吹き替え映画などをする際には必ず必要な存在である音声の演出という重要な役割を担う非常にやりがいのある職業です。

今回はそんな音響監督のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

音響監督のなり方

音響監督になりたい場合には、まず音響制作を担当することのできる企業に就職することがおすすめです。

なぜならほとんどのアニメーション作品やゲーム作品、海外吹き替え映画の制作をする際に音声面を担当するのが、音響制作企業で働いている人達だからです。

もちろんフリーランスで音響監督として働く人もいますが、フリーランスの音響監督として働く上でも実務経験が大切なので、音響監督になる上では音響制作企業への就職が近道だと言えます。

まず音響制作企業に勤めると、音響監督のアシスタントとして働くことになります。そこで音響監督としての仕事内容、指示の出し方であったり、機材の扱い方などを学ぶところから始めることになるでしょう。

また音響制作企業に就職をするためには、一般的に行われている就職活動と同じように履歴書の送付や面接受験などが必要です。

音響制作企業に入るまで音響監督としての知識やスキルがなかったという場合でも、就職してから勉強をしていくことになります。そのため就職以前にそれらの知識がなかったとしても、最終的に音響監督となれる可能性はあるでしょう。

また音楽制作企業以外でも、テレビ局や番組制作会社などから音響監督としての実務経験を得ることができる場合もあります。これらの企業への就職も、求人情報を参考に就職活動をしていくことが必要です。

音響監督に必要な資格

音響監督として必須の資格というものはありません。

しかし、「音楽制作企業以外でも、テレビ局や番組制作会社などから音響監督としての実務経験を得ることができる場合もあります」と上記で述べました。

つまり音響監督として必要なのは、音響機器の扱い方やアニメ・番組などの制作過程をしっかりと知っているということです。

また、音響の編集技術や効果音などの構築などについてノウハウを獲得しておくことをおすすめします。

音響監督で活躍するために必要な能力

音響監督として必要な能力としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 音響に関する知識や技術
  • コミュニケーション能力

音響監督として重要なのは、音楽に関する知識や収録スタジオなどでさまざまな役割の人々と協力していけるコミュニケーション能力です。

音響監督は基本的に収録現場で全体指示を出す役割ですが、音響についての専門的な知識を持って専門家たちと打ち合わせをしたり指示出すため、深い知識を持つ必要があります。

また収録現場にはもちろん声優やミキサーなど、さまざまな役割の人達がいるため、それらの人々と協力していくことのできるスキルが大切でしょう。