占い師になるには?自分なりに占いのスキルを磨き、開業している占い師も多い

記事の著者:1979690

「占い師」とは、さまざまな占いの方法によって、占いを受ける人の心のうちや未来、悩みの解決方法などを告げる役割の人たちのことです。

占い師という仕事は、占いを受ける人に対して適切なお告げをすることでその人の悩みが解消されたり未来が開けたりするきっかけを作ることができるという魅力あふれた職業です。

今回はそんな占い師のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介していきます。

占い師のなり方

占い師になるには以下の3通りの方法があります。

  • 占い師の師匠を見つけて弟子入りする
  • 占い師としてのスキルを学ぶことのできるスクールに通う
  • 自分なりに占いのスキルを磨く

近年主流となっているのは、3つ目の自分なりに占いのスキルを磨いて、占い師として仕事を始めるという選択肢です。

昔は占い師の師匠を見つけてその師匠に弟子入りをする中で、最終的に働き口の斡旋をしてもらうことが主流でした。しかし最近では、占い師のニーズがインターネット業界などにも広まったことで職を見つけやすくなり、個人で占いの練習から職探しまでできるようになりました。

そのため、自分なりに占いのスキルを磨き、開業している占い師も多いです。占い師の働き先は、インターネット上でのチャット占いや、電話占い、街中にある占い部屋などで働くという選択肢もあります。

チャット占い、電話占い、占い部屋での勤務など勤務形態は違いますがそのどれもが求人を出していますので、求人募集を探して働くということができます。

またフリーランスの占い師として働くという手段もあります。しかしこれはある程度の実績を積んでしっかりと占いができる実力がなければ難しいといえます。

自身の実力を見ながらどのような雇用形態で働くのか検討していきましょう。

占い師に必要な資格

占い師として必要な資格はありません。

ただし占い師としての実力を世間にわかりやすく証明するために以下のような資格を取得することも選択肢としてはあります。

  • 占い師資格
  • 占い師認定証

いずれも民間資格であり、公的な証明をするものではありませんが、占いを受ける人から見て有資格者の占い師と無資格者の占い師では、有資格者のほうが安心して占いを受けられるといえるでしょう。

また占い師の中には、臨床心理士資格などといったような「人の話を聞く」ことに関する専門的資格を取得するという選択肢もあります。

占い師で活躍するために必要な能力

占い師として必要な能力としては以下のようなものがあげられます。

  • 洞察力
  • 人への思いやり

占い師として重要なのは、初見であってもその人のことをある程度分析することのできる洞察力です。

占い師の言葉は影響力が大きく、間違ったことを言ってしまうとその人の人生に悪影響を与えかねません。

そのようなことがないように正確に分析をすることができる洞察力を必要とします。また思いやりを持って、その人の人生を前向きなものにするための声かけができるということも大切です。