ネットワークエンジニアになるには?学校で知識をつけることで就活に有利

記事の著者:1528961

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークのシステムの構築や保守を行う技術者のことをいいます。

インターネットの急激な普及で、IT業界は成長をつづけています。それにともない、ネットワークエンジニアの需要も拡大。さまざまな企業で求人が出されています。

そこで今回、ネットワークエンジニアになるためにはどうすればいいかを紹介していきます。

ネットワークエンジニアになり方

ネットワークエンジニアは、コンピューター関連の幅広い知識が必要になります。大学、短大、専門学校でハードウェアやコンピューターの授業をとっておくと就職時に有利になるでしょう。

専門の学部や学科もあるので、進路を検討するときには考えておいてください。専門的な内容をくわしく学ぶので、就職時に有利になります。

ただし、ネットワークエンジニアに必須な資格はありません。そのかわりにコンピューターの知識と、高い技術力が必要です。

さらに英語で指示が書かれていることもあるようなので、英語力を重視する企業もあります。TOEICの勉強をしておくことも、のぞましいでしょう。

具体的な業務内容は、就職する会社によってことなります。保守とよばれる管理業務をまかされたり、構築とよばれる作業をまかされたりと業務は多岐にわたります。

さらに、高卒から採用試験をうけられる会社と大卒以上しか受験資格さえない会社もあるので、受け入れ口は幅ひろいでしょう。

ある程度経験をつむと、プロジェクトリーダーとしてチームを引っぱるような業務につくこともあります。その場合、プロジェクトのリーダーとしての、リーダーシップ能力も必要になってきます。

そして、どの作業をするにしてもコンピューター知識は必須です。既定の資格がないぶん、個人の知識量や能力で判断する傾向にあります。

専門的な知識もふくめ、しっかり学んでおく必要でしょう。

ネットワークエンジニアになるために必要な資格

基本的に必要な資格はありません。しかし、実務経験をつんでいくととれるようになる資格試験がいくつかあります。

難しい試験から、基本的なものまでさまざまです。資格の修得は仕事の幅をひろげることができるので、スキルアップをかねてとっておくといいでしょう。

以下にその資格と特徴について紹介します。

・Cisco Systems社の認定資格:認知度の高い資格なので取得しておくと、ネットワークエンジニアとしてのスキルの証明になる。
・ネットワークスペシャリスト試験:国家資格で難易度が高く、認知度も高い。
・応用情報技術者試験:難易度は低い。修得すると手当がもらえる会社も。
・TOEIC、英検:英語力が必須の企業も。

活躍するために必要な能力

活躍するために必要な能力は、他人とのコミュニケーション能力がたけてることです。業務は基本的に、ほかの人と連携して行います。

そのため、コミュニケーション能力は大切なスキルの一つです。また、ITに興味を持ちつづけることも必要な能力の1つです。

日々進化する業界なので、つねに勉強が必要です。さらに、忙しい業界なので体力、忍耐力も必要になってきます。

実務経験をつんで、資格試験に挑戦し、キャリアアップをめざしましょう。