サラリーマンになるには?就活前にインターンシップを体験する学生が増加中

記事の著者:1979690

「サラリーマン」とは、企業・会社などの組織に属し、各々与えられた仕事をおこなう人たちのことです。会社員と呼ばれることもあります。

サラリーマンの仕事は、社会の一員として1人ひとりが与えられた仕事を責任を持ってこなすことで地味に見えるかもしれませんが、俯瞰的にみれば日本経済を支えているという非常に誇り高い職業であるといえます。

今回はそんなサラリーマンのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介していきます。

サラリーマンのなり方

サラリーマンにはさまざまな種類がありますが、基本的に企業・会社と呼ばれる組織に属している場合には「サラリーマン」であるといえます。

このサラリーマンになるにはいろいろなルートがあります。

  • 中学校卒業後、会社で働く
  • 高校卒業後、会社で働く
  • 専門学校卒業後、会社で働く
  • 大学卒業後、会社で働く

基本的には学校を卒業したあとに、就職活動で会社に採用してもらえればサラリーマンになることができます。

就職活動では、まず興味のある会社にエントリーシートを送ったり、会社説明会に参加をしたりするところから始まります。

その後、履歴書を送り、書類審査や面接などに通れば二次試験などをおこなう企業もあり、採用フローは会社によってバラバラです。倍率が高い企業の場合には、非常に熾烈な競争となります。

それらの就職活動を経て、内定が出た場合にはサラリーマンとして働くことができます。

また就職活動をおこなう前年度からインターンシップと呼ばれる企業が主催するイベントに参加することで、翌年の就職活動のさいに企業選びの参考にすることができるのでおすすめです。

インターンシップではアルバイトのように学生のうちから興味のある企業で働くことができるという仕組みとなっています。最近では、インターンシップで内々定をもらえることもあり、多くの学生がインターンシップを通して会社や仕事を入社前に学ぶことが増えています。

サラリーマンに必要な資格

サラリーマンとして必要な資格は働く企業によって変わってきます。

基本的には自分が働きたい企業の応募条件に資格が必要な場合には記載されていることが多いです。

たとえば、会計士として監査法人で働く場合には「公認会計士資格」が必須となっています。このように、会社ごとに必要資格や条件がある場合には設定されており、必要がない場合もあります。

そのため、何かしらの資格がない場合や、未経験で働くことができる会社を探すことでサラリーマンになることができます。

サラリーマンで活躍するために必要な能力

サラリーマンとして必要な能力としては以下のようなものが挙げられます。

  • 責任感
  • 向上心
  • 体力

サラリーマンとして重要なのは、企業に対してしっかりと自分の力を還元していくのだと思うことのできる責任感。汚職や横領などの犯罪に絶対に手を染めないという責任感も必要でしょう。

サラリーマンとして誇りを持って働くことができるように、常に責任感を持って仕事をするようにしましょう。

また「与えられた仕事」以上に、企業が成長していくためには何が必要なのかを考える、向上心や積極性も大切です。日本のサラリーマンの勤務環境はハードだと言われているため、その勤務環境でも頑張ることのできる体力が必要です。