フラワーデザイナーになるには?資格を持っていると活躍できる場が広がる

記事の著者:1543998

フラワーデザイナーとは、場所やお客様の要望に合わせて花をコーディネート、アレンジをする人のことを指します。

レストランや結婚式場、ホテルなどから依頼を受け、花を使って場をデザインします。花を飾るだけではなく、ブーケ・花かご・コサージュなども作ります。

花屋やホテル、イベント会社などに勤めている場合が多く、そこで経験を積めばフリーのフラワーデザイナーとして様々な場所で活躍することもできます。

フラワーデザイナーになるにはどうしたらよいのかについて詳しく紹介します。

フラワーデザイナーになるには

フラワーデザインの世界は、資格よりも経験を重視するところが多いため、花屋などで働きながら、フラワーデザインの技術を身に着けることができます。

まずは花屋で修行を積むことからはじめ、徐々に仕事のフィールドを結婚式のブーケやホテルの装飾などに移していくことになります。

しかし、フラワーデザイナーとして活躍するには、自分だけでは学ぶことの難しい花に関しての高度な専門知識、技術が必要です。

具体的には花の種類や色、植物学的な知識も求められます。また花を使って空間をデザインするため、空間デザインや造形美術の知識も必要です。

フラワーデザイナーに必要な資格

フラワーデザイナーになるために、特別必要な資格はありません。花屋で経験を積めばどんな人でもフラワーデザイナーとして仕事ができます。

しかし、専門的な知識やテクニックが求められるため、資格を持っていた方が就職にも有利で、活躍できるフィールドを広げることができます。

これらの学びの度合いを測ることができるフラワーデザイナー資格試験というものがあります。取っておくと就職に役立ち、自身の技術を証明できます。

そのため、フラワーデザイナー資格試験を受け、合格する道がフワラーデザインのプロフェッショナルになるためにはもっとも効果的な方法です。

この試験に合格するには、日本フラワーデザイナー協会の公認の専門学校や資格スクールで勉強する必要があります。講座では、花・植物の取り扱いやコーディネートの仕方まで座学と実技で学ぶことができます。公認の専門学校は全国にあり、日本フラワーデザイナーのHPから確認することができます。

受験に必要な単位を取得したのち、そのスクールの中で2級までのフラワーデザイナー資格検定試験を受験することができます。

2級以上を受ける場合は、3級に合格し、かつ日本フラワーデザイナー協会に12ヶ月以上在籍している必要があります。1級も同様です。

このようにフラワーデザイナー資格に合格するのは決して簡単ではなく、時間もかかります。フラワーデザイナーとして活躍するために、多くの経験や知識が必要だということが、この資格試験制度からもわかります。

活躍するために必要な能力・向いてる人

フラワーデザイナーとして活躍するためには、大前提花が好きであることが重要です。花が好きでなければ、今まで述べてきたような長い時間努力することは困難です。

加えて重要なのは、コミュニケーション能力です。フラワーデザイナーの仕事では、お客さんの要望を引き出し、受け止め、花を使って表現することが求められます。

そもそもお客さんの想いを汲み取ることができなければ、デザインすることができません。

最後に、花を扱う仕事は以外にも力を使います。花やラッピングなどを運ぶことが多くあるため、体力をつけておく必要もあります。

まずは転職サイトで可能性を

フラワーデザイナーへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、フラワーデザイナーへの転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのがよいでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る