振付師になるには?ダンスを学び、踊れることが必須

記事の著者:1543998

振付師とは、ダンスをダンサーや歌手などに教える人のことを指します。ただダンスを教えるだけではなく、踊りを考えることも仕事の一つです。別名「コレオグラファー」とも呼びます。

舞台やコンサートだけではなく、CMやミュージックビデオの踊りも振付師が考え、指導します。また、ジャンルも様々で、ポップやロック、ジャズなどのダンスから日本舞踊、バレエなど多岐に渡ります。

そんな振付師になる方法を紹介します。

振付師のなり方

振付師になるためには、ダンスを学び、踊れることが必須です。そのため、まずは踊れるようになってから振付を勉強する道が主流です。

また、ただダンスを踊れるだけではなく、バックダンサーなど、ダンサーとして経験を積み、活躍してから振付師になることが多いです。そのため突然振付師になる方法はないと思ってください。

ダンサーになったあとは、芸能事務所のオーディションを受け創作するチャンスを得るか、振付師に弟子入りし、アシスタントとして修行をすることになります。こうして振付についての経験を積んだ後、一人前の振付師として活躍することができます。

ここでは振付師になるために、まずダンサーとして活躍できる力を身に着ける2つの方法を紹介します。

ダンススクールに通う

ダンサーになるために、最も利用されている手段がダンススクールです。ダンススクールでは、ダンスの基本的なステップから身体の動かし方、様々なジャンルのダンスを学ぶことができます。一般的なダンススクールで学べるジャンルは、ヒップホップやロック、ジャズなどです。

バレエや日本舞踊を学びたい場合は、それ専用のスクールを探すことが必要です。

ダンススクールによって、先生の経歴やスキル、カリキュラムも違うので、自分のなりたいダンサー像に沿って選ぶとよいです。

専門学校に通う

ダンスについて専門的に勉強ができる専門学校に通ってダンサー、振付師を目指す方法もあります。専門学校では、ダンスを踊れるようになるだけではなく、ダンスの構成や演出、表現などを基礎から学ぶことができます。

また、ダンススクールの多くが特定のジャンルのダンスだけを教えているのに対し、専門学校ではオールジャンルのダンスを勉強することができます。そのため、ジャンルに閉じた表現だけではなく、幅広い角度から振付を構成、表現する力が養われます。

必要な資格

振付師になるために必要な資格はありません。しかし、前段でも紹介した通り、まずはダンサーとして一人前になることが重要です。加えて、振付師になるにあたっては様々なダンスへの造詣や、ダンスの構成、演出についての知識があるとなおよいです。

また、「ダンスインストラクター」という資格があり、持っていると事務所の採用試験などで優遇されることがあります。

活躍するために必要な能力・向いてる人

振付師として活躍するためには、大前提ダンスが好きで探究心があることが必要です。また、振付を人に教えることになるため、わかりやすく相手に伝えられるようなコミュニケーション力や指導力も求められます。

上記で振付師にはなることができる条件は満たしていますが、より活躍するために必要な能力があります。それは、新しいものや芸術に対して広くアンテナを持っていることです。これは、ダンスの演出、表現をより豊かで独創的にするために必要な能力です。

さらに、体力勝負の世界のため、身体も精神もタフであることも重要です。