カイロプラクターになるには?カイロプラクティック登録機構への合格率は9割以上

記事の著者:1979690

「カイロプラクター」とは、カイロプラクティックという専門医療を通して患者の身体部位の矯正などをおこない治療をする人たちのことです。

カイロプラクターという仕事は、身体の歪みや痛み、機能不全などの悩みを抱えている患者の身体をカイロプラクティックを通して治療し、日常生活の中にある支障を取り除くことができるという、人に対して貢献をすることのできる職業です。

今回はそんなカイロプラクターのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介をしていきます。

カイロプラクターのなり方

カイロプラクターになるには、特別に資格を取る必要はありません。

そのためカイロプラクターとなろうと思えば、独学でカイロプラクターとして働き始めることもできます。

ただ一方でカイロプラクティックは専門医療であるために、多くのカイロプラクターが大学や短大、専門学校などでリハビリテーションについてや健康科学、福祉学、作業療法や理学療法などについて学ぶことを選んでいます。

カイロプラクターとして活躍するには、主にリラクゼーション施設やカイロプラクティック施設、鍼灸院や整形外科、整骨院、接骨院、複合サロンなどといったところに勤務することになるでしょう。

就職をするには各院が募集している求人情報を探し、応募条件に合致するところに連絡をするという方法が一般的です。働き方としては正社員としての場合もあれば、アルバイトやパート、契約社員などといったいくつもの方法があります。

カイロプラクターに必要な資格

カイロプラクターになるには、特別に資格を取る必要はありません。

そのためカイロプラクターとなろうと思えば、独学でカイロプラクターとして働き始めることもできます。

ただ一方でカイロプラクティックは専門医療であるために、多くのカイロプラクターが「カイロプラクティック登録機構」に申請して登録されることを目指して勉強しているというのが現状です。

この「カイロプラクティック登録機構」に登録されるには、WHOが設定している基準を満たす教育プログラムを修了していることが必要です。そのためカイロプラクターになるために大学や短期大学、専門学校への通学は必須ではありませんが、基準を満たす教育プログラムを実施している学校を探しましょう。

ただこのカイロプラクティック登録機構への登録試験の合格率は9割以上と非常に高いため、教育プログラムを経たカイロプラクターの多くが合格することができるようになっています。

カイロプラクターで活躍するために必要な能力

カイロプラクターとして必要な能力としては以下のようなものが挙げられます。

  • 困っている人を支援したいという気持ち
  • 医療分野への情熱

カイロプラクターとして重要なのは、何よりもカイロプラクティックを通して困っている人を支援したいという気持ちです。

カイロプラクティックは身体矯正などを通して、人々の日常生活を快適にすることができます。現在生活に支障を持っている人に対して支援したいという気持ちがあればカイロプラクターは務まるでしょう。

また医療分野への情熱も必要です。カイロプラクターとして働き始めてからも常に最先端のカイロプラクティック技術を学び続け、自身の技術や知識を改善していくことが大切です。