事務員になるには?豊富な知識と、柔軟な情報処理能力が求められる仕事

記事の著者:1103870

事務員はあらゆる職場で必要とされている職種です。また事務職として働いた経験がなくても、企業の求めるスキルがあれば採用されやすい職種でもあります。

コツコツと仕事をこなしたり、整理整頓など細かい仕事に自信あったりする人に向いている職業といえるでしょう。

この事務員がさまざまな業務をこなしてくれることで、他の社員は自分の仕事に集中できるという特徴もあるため、人のために何かをすることが好きな人に向いている仕事でもあります。

とても人気な職種ですが、事務員として働くためには何をしたらいいのでしょうか?

事務員のなり方とは

事務員の仕事は、データ処理・文書作成・伝票の振り分け・簿記・来客対応・電話対応など、多岐に渡ります。

基本的には、各企業が実施する採用試験を受けて合格すれば、事務員として働くことができます。事務員の求人では、新卒だけでなく中途採用、派遣社員、契約社員など、さまざまな条件で募集が出ています。

特殊な職業(医療事務や調剤薬局事務)ではないかぎり、特別な資格などは必要ありませんが、大企業の求人になってくると「大卒以上」が条件になっているケースが多いです。またパソコンの基本操作ができることや、ビジネスマナーのある人が条件になっている場合もあります。

定期的に募集が出てくる職種になるため、ハローワークや転職サイトなどはこまめにチェックしておきましょう。

事務員で必要な資格

事務員は、ある程度のビジネススキルが身につけていれば、未経験でも問題なく採用されることが多いです。

このビジネススキルとは、パソコン操作や接客対応などがあげられます。

具体的には、WordやExcelやPowerPointなどの基本的なパソコン操作や、お茶出し、電話対応、メール対応などが求められます。

自信がない人は、ビジネスマナー本などで、一通りのマナーは勉強をしておきましょう。

MOS(マイクロソフト・オフィススペシャリスト)

パソコンの資格で良く知られているのがMOS(マイクロソフト・オフィススペシャリスト)です。MOSの資格を持っていると事務経験がなくても、パソコンのスキルがあることがアピールできるため、転職時には有利になります。

Word・Excel・PowerPoint1つ1つで試験が分かれており、実際にパソコン操作をする実技試験に合格できれば、取得できる資格になります。

専用参考書や対策講座などもおこなわれている、比較的メジャーな資格です。

事務員で活躍するために必要な能力

一般事務は職場全体の業務がうまく進むように、他の社員のサポートすることが仕事です。

事務員が資料作成やデータをきちんと出してくれたり、来客の応対をきちんとしてくれることで、他の社員が営業などの別の業務に集中することができます。

そのため、面接ではコミュニケーションスキルや仕事への積極性という人柄重視で採用する企業が増えています。そのほかにも、重要な書類やデータを扱うこともあります。そのさいに柔軟な対応とミスのない処理能力を求められる職種といえるでしょう。