ジュエリーデザイナーになるには?販売スタッフからステップアップしていくことが多い

記事の著者:1103870

美しいジュエリーに女性は心を動かされます。そんなジュエリーを自分で作ってみたいと思っている人も多いと思います。

季節やトレンドによって、色や形、宝石の大きさなど、ジュエリーのデザインもさまざまです。ブランドによっても特徴があり、同じものはありません。

自分の元から離れてからもずっと大切にしてもらえるようなジュエリーを作れるジュエリーデザイナーになるには、どのような方法があるのでしょうか?

ジュエリーデザイナーのなり方は

指輪やネックレスなどの宝飾品のデザインをするのがジュエリーデザイナーです。商品のコンセプトにあうようなデザインや設計をしたり、予算に合わせたデザイン画や設計をします。

ジュエリーデザイナーになるには、デザイン力だけではなく、彫金宝石・貴金属の素材に関する知識や、彫金・宝飾などの技術に関する知識が必要です。このような知識があることで、オリジナル性の高いのジュエリーをデザインすることが可能になります。

そのためジュエリーデザイナーになるには、大学や短大の美術やデザイン系学科やジュエリー専門学校で、デザインや宝石や貴金属の素材について専門的に勉強するのが1番です。大学や専門学校では、ジュエリーのみを学ぶのではなく、プロダクトデザイン、空間デザイン、ファッションデザイン、彫刻などを学ぶことができます。

専門学校には、ジュエリーデザイン科を設置している所も多くあります。

卒業後は、ジュエリーデザイン会社やアクセサリーのリフォーム会社などになりますが、新卒からいきなりデザインできることは少ないです。まずは販売スタッフとして働くことが多いでしょう。また最近は不景気なこともあり、業界自体の市場の規模が縮小傾向にあります。そのため、デザイナーを採用する企業は徐々に減っています。

もちろん学校に通わずに、メーカーや宝石店にスタッフデザイナーとして就職してから、経験を積むことで、実力を付けて、フリーデザイナーとして独立する人もいます。また、宝石店や宝飾品店で事務員や販売員の仕事をしながら、専門知識や技術を学んでいる人や、デザイン事務所に弟子入りして修業している人などもいます。

ジュエリーデザイナーになる資格は?

ジュエリーデザイナーには、絶対必要な資格はありません。

ジュエリーコーディネーター

資格は必要ではありませんが、一般社団法人日本ジュエリー協会が認定している「ジュエリーコーディネーター」の民間資格があります。

試験は3級から1級まであって、3級は誰でも受験可能です。3級を合格しなければ、2級を2級を合格しなければ1級を受けることはできません。

資格を取得することで、商品知識や専門知識をもとに、お客様に適切なアドバイスやコーディネートをすることができるようになります。

JBSジュエリー鑑定士資格

またジュエリーデザイナーは、宝石を見る目や宝石鑑別の知識も必要になります。そのために、宝石鑑別技能を認定する民間資格を身につけておくのもいいでしょう。

JBSジュエリー鑑定士資格は、日本の機関が認定している資格です。STEP IからSTEP IIIまでのコースを全て修了することで資格を取得できます。

宝石鑑別やダイヤモンド・グレーディングをしっかり身につけることができますが、取得費用が約50万円、取得期間が1~2年かかります。

ジュエリーデザイナーとして活躍するために必要な能力

ジュエリーデザイナーの仕事は、宝石や貴金属についての知識や技術が必要ですが、ジュエリー業界のトレンドを把握しておかなければなりません。そのためジュエリーが好きな人でなければいけません。

しかしただ好きなだけでなく、繊細な細かい作業が得意で手先が器用で、斬新なセンスやアイデアのある人がジュエリーデザイナーに向いています。