自動車整備士になるには?自動車整備士技能検定を受けて国家資格を取る必要がある

記事の著者:1103870

自動車整備士とは、自動車が安全に走行できるように、十分な点検や整備をおこなう車のスペシャリストで、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検や整備や修理する技術と資格を有するエンジニアです。

自動車整備士になると、カーディーラーや自動車整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドなどで活躍できます。

自動車整備士になるためには、どういったことが必要なのでしょうか。

自動車整備士のなり方

自動車整備士になるには、自動車のエンジンや電気系統や制動や動力伝達などの複雑なメカニズムを理解しなければなりません。

自動車の点検や整備には専門的な知識や技術の修得、車のハイテク化にともなった電気や電子系統の知識も必要です。

また、自動車整備士の仕事は暑い夏や寒い冬でも一年中オイルまみれになって作業をおこなわなければなりません。

一日中、自動車の整備やメンテナンスをおこなう自動車整備士は、車や機械が好きな人に向いているといえます。

さらに、新しい車が発売されるたびに勉強が必要になります。好奇心があり、細かなメンテナンスをおこなう手先の器用さも必要になります。

高卒で、なんの資格もなしに、見習いとして自動車整備工場などに就職することは可能ですが、後々に、国土交通省の定める「自動車整備士技能検定試験」に合格する必要があります。

1級から3級、そして特殊整備士があります。 資格を取得すれば、自動車メーカーやディーラーや自動車整備工場やガソリンスタンドなどが多岐に渡って活躍する場が増えます。

高校卒業後に自動車整備の専門学校などに入学して、国土交通省が定める所定の課程を修了することで、単独で分解整備作業ができると認めれるために「2級自動車整備士」の受験資格が与えられて実技試験は免除されます。

専門学校以外では「自動車科」などがある工業高校や自動車短期大学もあります。

自動車整備士は国家資格になるので、自動車整備士になるには一定の受験資格を満たして、技能検定試験にパスする必要があります。

自動車整備士になる為に必要な資格

自動車整備士の資格は、国土交通省が実施する「自動車整備士技能検定」という国家資格になります。

学科試験と実技試験の両方あり、特殊整備士、3級、2級、1級の4つの種類があります。

その中でも細かい種類分けがあり、「2級ガソリン自動車整備士」と「2級ジーゼル自動車整備士」が主に求められる資格といいます。

国土交通大臣指定の養成施設で所定の課程を修了した場合は、実技試験が免除になるので、学科試験に合格すると資格を取得することができます。

未経験者が資格の取得を目指すには、まず養成施設へ入学することが合格への第一歩となります。

自動車整備士として活躍するために必要な能力

自動車整備士は、自動車だけでなくお客さんも相手にしなければなりません。お客さんに対して、車のトラブルの原因や状況をわかりやすく説明したり、トラブルが起きないようにするためのアドバイスをきちんと伝えたりもします。

その為にコミニュケーション能力が必要になってきます。上手く伝えることが出来ないとお客さんに不快感を与えてしまうので気をつけなければなりません。

お客さんの要望通りに、車にカーナビやETCなどのオプションを設置したリするのも自動車整備士の仕事です。

常にお客さんの立場になり、サービス精神を忘れないように心がけなければなりません。

今までは、故障修理などが自動車整備士の仕事として、大きなウェートを占めていましたが、保有台数の増加などで、定期点検などのウェートが大きくなっています。