ジャーナリストになるには?新聞社や出版社に入社することが第一歩

記事の著者:1103870

ジャーナリストは、新聞や雑誌に報道記事を書いたり、テレビやラジオで専門的にニュース解説をおこなったりするのが仕事です。

時事問題やさまざまなニュースに対して、自分自身の見方や見解を加えて解説したり、批判をするのも、ジャーナリストとしては大切な仕事になります。

ジャーナリストが存在しているからこそ、各ニュースに対して視聴者が考え、議論が活発になるのです。二度と悲しい事件を引き起こさないためにも、ニュースが引き起こった原因を知り、対策をしていくことは非常に大切なことなのです。

それでは、そんなジャーナリストになるには、どうしたらいいのでしょうか?

ジャーナリストのなり方とは?

ジャーナリストになるには、新聞社や出版社に入社して、編集者や記者としての経験を積み、ステップアップしていくことが1番の近道です。

しかし、この新聞社や放送局、出版社に入社するのが難しいのです。マスコミ系の職種は、華やかな仕事に見えることもありとても人気の職種なのです。そのため、大卒以上かつMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)以上の大学出身者でないと合格は難しいかもしれません。

とくに大手になればなるほど入社は難しいため、「なぜジャーナリストになりたいのか?」をよく考え、自分をアピールすることが大切です。

また、一部大学などには、マス・メディアやメディア・コミュニケーションについて広く専門的に学ぶことができる「新聞学科」や「ジャーナリズム学科」や「ジャーナリズムコース」など、ジャーナリストになることを視野に入れた学科やコースを設置している学校があります。

このような学校で、マスコミについて勉強をしておくのもいいでしょう。

まずは新聞社や出版社に入って、新聞記者や雑誌記者や報道記者を一定期間経験して実績を積んでいくことを目標にしましょう。

会社に入社したあと、目指すべきことは?

ジャーナリストとして活躍している人には、元記者だったり、元編集者だったりする人が多いです。

また経済や軍事、芸能など自分の得意分野で活躍している人がほとんどです。そのため、スポーツが得意なら、スポーツについて深い知識や造詣を身につけて、スポーツジャーナリストになるのがいいでしょう。

ジャーナリストになる為の資格はあるのか

ジャーナリストになるために、特別な資格や訓練は必要ありません。

しかし、初対面の人から、色々な話を聞き出すコミュニケーション能力や傾聴力などが必要になります。ほかにも、わかりやすい文章を書くことを求められるので、文章に関する資格を取得したり、検定を受験したりするのも手です。

ただしこの業界は、実績や経験がものをいいます。資格よりも、実績優先で取り組んでいくほうが、出世や昇給などは早いでしょう。

ジャーナリストをするために必要な能力

ジャーナリストは人に会って話を聞いたり、自分の考えを伝えたりすることが重要です。コミニュケーション能力が高い人や文章を書くことが好きな人には、おすすめの職業と言えるでしょう。

ただしジャーナリストは、物事に対して、興味と関心を持って、それらを、深く掘り下げていかなければなりません。疑問に感じることがあれば、徹底的に追求をして、政治や権力に対しても厳しい批判精神を持って立ち向かう心が必要です。