カーデザイナーになるには?美術、工学系の専門学校でデザインスキルをあげよう

記事の著者:936415

カーデザイナーとは、自動車のデザインをする職業です。とくに男性が憧れる仕事の1つでしょう。

カーデザイナーと言っても、様々なお仕事があります。

そんなカーデザイナーですが、どのようにすればなることができるのか、また必要な資格や活躍するための能力はどのようなものなのかを、ご説明したいと思います。

カーデザイナーになるには?

華やかで、カッコ良いカーデザイナーになるには、まずデザインを学ぶ必要があります。デザインといっても、外観を手がけるエクステリアデザイナーと、内装を担当するインテリアデザイナーの2つに別れるので、自分に合ったスキルを身につける必要があります。

高校卒業後の進路として、美術系の学科がある大学に進学したり、専門学校へ進学することで、デザインの知識を得ることができます。そこでカーデザインになるためのカリキュラムに沿って勉強することで、将来性を開くことができるのです。

またカーデザイナーになるためには、実技も身につけなくてはなりません。そのため、学生のうちにインターンなどを通して、よりカーデザインの仕事について触れておくことが大切です。

しかし企業も学生を選ぶため、学内選考を突破する必要もありますし、直接企業にポートフォリオなどを提出することが求められます。在学中から熱心に勉強して、自らのスキルを上げておかないと、インターンにも参加できなくなってしまいます。

カーデザイナーになるために必要な資格とは

カーデザイナーになるために必要とされる資格はありません。

しかし取っておくことによって知識も深まり、就職に有利に働く資格もあります。たとえば、CG-ARTS検定があります。

この検定は、文部科学省後援の資格で、画像やCGを中心とした専門的なスキルを測る検定です。基本的にカーデザイナーは、3Dプリンターを活用してモデルを作ったり、パソコンでモデリング、カラーなどのデザインをおこなっていくため、専門的なパソコン技術は身につけておいて損はないでしょう。

また、プロダクトデザイン検定などもおすすめです。この検定は、商品開発に携わる人の能力を測る検定であり、マーケティングからマネジメント、加工技術などの知識が必要とされます。

カーデザイナーになるために必要な能力とは

カーデザイナーになるためには、デザイナーとしての能力に長けていることや、車や絵を描くことが好きという人でなければ務まらない仕事です。

トレンドを追って、最新のデザインを創るために地道な努力が必要ですし、打ち合わせや会議などにも積極的に参加できなくてはなりません。

そのため、カーデザイナーになって、活躍するために必要な能力は、デザイン力とコミュニケーション能力だといえます。そして、常に勉強する向上心もとても大事です。

デザイン関係の仕事は、とても華やかでかっこよいものですが、学生時代からの積み重ねがものをいうため、早い段階からさまざまなデザインの勉強をしておくことが大切といえるでしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。