救急救命士になるには?消防官採用試験と救急救命士の国家試験に合格する必要がある

記事の著者:2228307

救急救命処置をおこなう専門職である、救急救命士。国家資格を有する救命のスペシャリストです。

主な活躍の場は救急車のなかや救急現場。人の命に関わる責任の重い仕事ですが、同時にやりがいや使命感も大きな仕事といえるでしょう。

今回は救急救命士になるために必要な資格や能力について紹介します。救急救命士になるにはどうしたら良いか具体的な方法を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

救急救命士のなり方

救急救命士になるには、主に2つの方法があります。

1.救急救命士養成校(2年制)を卒業

まず一つ目に、高校を卒業後大学や専門学校に進学せず、国家試験を受験する方法です。高校卒業後に国家試験を受験するためには、2年制の救急救命士養成所を卒業する必要があります。

その後、国家試験を受験し合格後に消防官採用試験を受け、合格すれば救急救命士になることができます。

2.消防署に勤務後に、資格習得

高校卒業後に大学・短大・専門学校に進学した場合は、卒業後、消防官採用試験に合格をし消防隊員として勤務をします。その後6ヶ月以上養成校で救急業務に関する講習を受け、プラスで5年以上または2000時間以上の救急業務を経験後に、救急救命士国家試験を受験し合格できれば救急救命士になることができます。

どちらの選択をしても、消防官採用試験と救急救命士の国家試験に合格する必要があります。

救急救命士に必要な資格

国家資格である「救急救命士国家試験」に合格することが、救急救命士になるには必須です。

救急救命士国家試験を受講するためには、受験条件(救急救命士養成校の卒業もしくは、消防署での一定期間の勤務経験)が定められています。

また救急救命士になったあとも、追加して資格を取得することで、さらに活躍の場を拡大することができます。薬剤投与認定や特定行為認定が、救急救命士としてスキルアップするために必要な資格といえるでしょう。

活躍するために必要な能力

救急救命士として活躍するためには、資格の保有だけでなく次のような能力も必要です。

臨機応変な判断力

救急現場で起こることは型にはまったことばかりではなく、予想外のことや緊急を要するケースも数多く発生します。そのさいに、知識や経験をもとに臨機応変に正しい判断ができる能力は、救急救命士にとって必須の能力です。

常に落ち着き、高い判断力が発揮できることが求められます。

豊富な知識

判断力を発揮するためには、豊富な知識が欠かせません。日々の救急現場で起きたことの分析や追加知識の学習、医療業界の新たな動向を常に追うことが求められます。

一度資格を取得したあとも、豊富な知識を保有し続けるために、日々の努力が欠かせない職業といえるでしょう。

使命感

救急救命士は人の命に関わり続ける仕事のため、重圧やプレッシャーも大きい仕事です。また、適当な知識や意識では当然ながら人の命を扱うことはできないといえるでしょう。

救急救命士として活躍するためには、使命感・やりがいを感じられることが必要な能力のひとつなのです。