厩務員になるには?馬に関する知識や経験が求められる

記事の著者:2228307

厩務員(きゅうむいん)とは、厩舎で競走馬の世話をする仕事です。競走馬の日々の健康管理から、レース当日の付き添いまで、競走馬のコンディションをベストに保つために欠かせない大切な役割を担います。

厩務員として働くには、馬に関する知識や馬とのふれあい経験が豊富であることが必要です。馬や競馬が好きな人にはうってつけの職業といえるでしょう。

そんな厩務員のなり方について紹介します。

厩務員になるには

日本で開催される競馬は、中央競馬と地方競馬の2つに分かれます。

JRA(日本中央競馬会)の厩務員とNAR(地方競馬)の厩務員では、なり方が異なります。

JRA(日本中央競馬会)の場合

JRA競馬学校の厩務員過程を卒業する必要があります。JRA競馬学校の厩務員過程の募集要項では次のような条件があり、これらを満たすことが求められます。

  • 入学時の年齢が28歳未満
  • 体重が60キログラム以下
  • 入学時に中学卒業以上の学歴を有している
  • 厩務員としての業務を行うのに著しく障害のない健康状態を有している
  • 牧場経験及び乗馬経験が合わせて2年以上あり、牧場における競走馬・育成馬の騎乗経験が1年以上ある

以上の条件を満たした上でJRA競馬学校の卒業資格を得ることが、JRA厩務員になるために必要です。

NAR(地方競馬)の場合

NRA(地方競馬)の場合は、先にご紹介したJRA競馬学校のように厩務員過程の卒業資格を得る必要はありません。調教師が経営する厩舎と雇用契約を結ぶことができれば、資格を有さなくても厩務員になることができます。

しかし、馬に関する知識や経験が求められる場合がほとんどのため、JRA競馬学校卒業と同等のものを求められます。

そのため、厩務員になるには競馬学校の厩務員過程を終了し、厩舎に就職することが一般的です。厩舎は調教師が経営するケースがほとんどで、調教師の指導の元働くこととなります。

競馬学校に入学するには、次の条件が必須となる場合が多いです。

  • 乗馬経験・牧場経験2年以上
  • 牧場での競走馬・育成馬騎乗経験1年以上

有名な競馬学校としては東関東馬事専門学院があげられます。家業などで上記のような馬とのふれあいの経験がない場合は、動物専門学校に通うことになるでしょう。

厩務員に必要な資格

上記で述べたとおり、JRA厩務員を目指す場合はJRA競馬学校の卒業資格を得ることが必須です。しかし、それ以外の厩務員であれば求められる資格はありません。

馬に関する知識や馬と触れ合う経験が豊富であれば誰でも目指すことができます。

活躍するために必要な能力

観察力

競走馬のコンディションを良好に保つには、競走馬を観察する能力が欠かせません。言葉でコミュニケーションが取れないぶん、競走馬の動向や外見から多くを察する必要があります。

競走馬とのコミュニケーション力

厩務員は競走馬の体調変化に気づくだけではなく、精神面においても競走馬のケアをすることが求められます。競走馬との信頼関係があってこそ、レース直前の競馬場までの付き添いや、日々のケアが務まるのです。

競走馬に警戒されない基本的な立ち振る舞いはもちろんのこと、心通わせるコミュニケーション力は欠かせません。

健康管理力

競走馬のコンディション管理をするためには、自身の健康管理も欠かせません。自分より体格の大きな競走馬を日々ケアすることは、想像以上に体力のいることです。

自分の健康状態も良好に維持できる管理力が求められます。

まずは転職サイトで可能性を

厩務員への転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、厩務員への転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。