酪農家になるには?牧草の栽培や、乳牛の人口受精などの知識も必要

記事の著者:1872293

普段口にしている牛乳やバター・チーズなどの乳製品は酪農家が育てた乳牛から生産・加工がされています。そう考えると毎日の食卓に欠かせないものを作ってくれている酪農家は、わたしたちの生活にとっても重要な仕事といえるでしょう。

また最近では、「銀の匙」など人気漫画で取り上げられるほど、身近で人気が急上昇している職業でもあります。

しかし、一体どんな仕事で、酪農家になるのにはどうしたらいいのか?いまいちわからない人も多いでしょう。そこで酪農家の仕事について紹介をしていきます。

酪農家のなり方

酪農家の仕事は毎日2回の乳しぼり、良質な生乳を生産するための乳牛の健康管理、健康維持するための生育環境の整備、餌作りや掃除などがあります。

栄養価の高い餌を食べさせることは生乳の品質にも関わるため、酪農家の手腕が問われる大切な仕事の1つです。

ほかにも餌である牧草の栽培、乳牛にお産をさせるための人口受精の手配や、必要に応じてお産の補助、生乳の加工なども酪農家の仕事になります。

そんな酪農家になるには、「農業系の学校で学ぶ」、「牧場に就職する」の2つの方法があります。

実家が酪農家であるなど特別な場合を除いては、この2つが主な方法だといえます。

学歴は必須ではありませんが、生き物や食品を扱う以上は衛生管理や家畜の飼育に関する専門的な知識が必要であり、酪農経営をしていくためには経営学を学ぶことも大切です。

農業高校や農業大学・畜産学部などに進学して専門知識を得ることで、より深く酪農について知ることができるでしょう。

また牧場に就職すれば、現場の仕事を身をもって学ぶことができます。乳しぼり・餌やり・牧草作り・農機具の扱いなど酪農に関する基礎的な知識についても、実際に経験することで得られる知識は多いでしょう。

そして農業関係の仕事は深刻な人手不足になっているので、就職し働きながら酪農家になるための知識を身に付けていくことも1つの選択肢だといえます。

酪農家に必要な資格

酪農家になるための専門知識は必要ですが取得必須の資格はないので、持っていた方が良い・あると役立つ資格を紹介します。

牛は子供を産まなければ乳が絞れないため、毎年お産をさせるために人工授精をすることがあり、その際に必要な資格が家畜人工授精師です。

家畜人工授精師は講習を受けた後試験に合格することで得られるものです。取得すると牛の人工授精や受精卵の移植をおこなうことができるようになり、酪農家として働くうえではあるといい資格になります。

ほかにも、トラクターなどの農業機器・普通自動車免許・大型免許は持っていると、現場では即戦力になれるでしょう。

活躍するために必要な能力

酪農家が扱う牛は神経質な動物であり、時間にも正確なので、毎日時間通りの乳しぼり・餌やりが必要です。少しの変化でストレスを感じて病気になることもあります。

牛が生活の中心になるという覚悟や、言葉の通じない動物と愛情をもって向き合っていく根気強さが必要です。また、牛は身体が大きい分短い距離の移動や普段の世話をするだけでも体力勝負となります。

その他にも広い牧場の手入れや、大量の餌やりなどは重労働であり、牛に合わせた生活は朝もとても早いです。

酪農家が大変な仕事であることを理解したうえで、それ以上に牛が好きだという強い気持ちや動物に対する愛情を持っていることが酪農家になるにあたって必要だといえるでしょう。