ゲームライターになるには?ねばり強く取材できる能力が必要

記事の著者:1150122

人気のゲームの記事を雑誌などでみたことはありませんか?その記事を書いているのがゲームライターです。

ゲームライターは、紙媒体の記事やWeb媒体でゲームに関する記事を書くのが仕事です。人気ゲームは複数のライターが記事を書くので、高い文章能力が求められる仕事といえます。

この記事では、ゲームライターのなり方、必要な資格、活躍するために必要な能力についてわかりやすく解説します。

ゲームライターのなり方

ゲームライターは、紙媒体やWEB媒体でゲームの記事を書くのが仕事です。記事を書くライターのなかでも、ゲームというジャンルを得意とするライターということになります。

クライアントの依頼があれば、写真などの撮影をすることもある仕事です。ゲームライターが書く記事は、一口にゲームの記事を書くといっても、ゲームの紹介記事、ゲームのレビュー記事、ゲームのインタビュー記事、攻略記事、イベントレポート記事など、その種類はさまざまです。

このように、ゲームライターはゲームに関する記事を執筆するのが主な仕事内容となります。そのため、特定の会社に所属しているというよりも、フリーでライターとして活躍している場合が多いです。

フリーライターであることから、ゲームライターとなる1つだけの方法があるわけではありません。さまざまな方法があります。

1つの方法としては、ゲームライター先行のある専門学校に入学することです。専門学校に入れば、ゲームに関係する知識をふやすことでき、ライターとして活躍するために必要な能力を効率的に身につけることができます。

ほかには、就職活動でゲーム会社に入るという方法です。ゲーム会社に就職してライターを希望すれば、ゲームライターになることができます。ゲームと関係がなくとも編集者になったりすれば、ゲームに関する記事を執筆する機会も増えるでしょう。

ゲームライターに必要な資格

ゲームライターになるために特別な資格は、とくに必要ありません。資格がなくてもゲームライターとなることは可能です。

ただし、資格があれば仕事をとりやすくなります。ほとんどのゲームライターはフリーのライターであることが多いからです。

フリーでライターをしている場合には、「webライター技能検定(日本クラウドソーシング協会)」やwebライター能力検定(日本webライティング協会)」の資格をもっていると、ライターとして能力があることの証となります。

ゲームライターとして活躍するために必要な能力

ゲームライターとして活躍するためには、まずはゲームの知識が必須です。最新作のゲームなどについては一般発売の前からゲーム会社に取材をしたり、東京ゲームショーなどの展示会に参加して情報を取得しなければなりません。

そのためライターといえども、ねばり強く取材ができる能力が必要となります。ゲーム会社との関係性も非常に重要となることから、コミュニケーション能力も身につけておかなければならないといえるでしょう。

なんどなんども同じ人に取材することもあれば、色々な人に取材することもあります。いずれにしてもコミュニケーション力は、仕事を獲得するうえでとても重要なスキルです。