コンビニオーナーはつらい、きつい?バイトとの関係構築ができないとお店が回らない

記事の著者:2292825

24時間営業で、どんな商品でも揃っている便利なコンビニ。今日本には、約6万店ほどのコンビニがあると言われています。

そんな伸びているコンビニ市場、最近では脱サラ目的で、コンビニのオーナーになる人が増えています。店員の店長より上の役職であるオーナー。優秀なオーナーになれば複数の店舗を持つことができ、儲かるという話も聞きます。

しかし、もちろんつらく、きついこともたくさんあります。そこで今回は、コンビニオーナーはつらい、きついと思った瞬間を紹介します。

つらい・きついと思った瞬間

年中無休で働かなくてはいけない

現代において、コンビニエンスストアというのは24時間営業であるというのが当たり前になってきました。オーナーというのは、その24時間休めることがないお店の管理者なのです。

当然問題が起きれば責任を取ることになります。お正月やお盆などにも働かなくてはいけないでしょう。

もちろん信頼できる人材を確保できれば、自分が休むことはできますが、何かあれば対応しなくてはいけないのが、コンビニオーナーの大変なところです。

シフト管理が大変

コンビニ店員は、アルバイトやパートで成り立っています。

もちろん働く人はオーナーが見極め、採用をおこないます。そんな人材面の仕事で1番大変なのがシフト管理です。

新人とベテランではこなせる仕事量もその質も違いますし、バイトのため突然休んでしまうことや、辞めてしまうこともあります。

当然、突如できた穴を埋めるのはほかに働く人です。人手が足りない場合は、オーナー自らシフトに入らなくてはいけないこともあります。

このような非常事態をなるべく減らすため、店員1人ひとりと、円滑なコミュニケーションを取らなければならないのです。

クレーマーの対応

コンビニオーナーの頭を悩ませる1つが、クレーマーの対応です。

クレーマーの対応を、新人や慣れてない店員にさせるわけにはいきません。なぜなら、対応を間違えると場合によってはその店自体の不振につながることもあるからです。

何度もクレーマー対応をしていると、気が滅入ってしまうこともあります。また最近では、理不尽なクレーマーも多く、オーナーですら上手く対応できない人もお客さんの中にはいます。

つらさ・きつさの解決方法

コンビニオーナーは負担を軽減させるためには、社員との協力体制を確立することが1番です。

コンビニを経営する場合には、大手コンビニメーカーとフランチャイズ契約を結ぶのが常道です。そしてその場合、本社や支部に勤める社員が各店舗に派遣されます。

社員は本社で研修を受け、コンビニ経営に関するノウハウを学んで派遣されています。発注や納品はもちろん、コンビニ経営に必要な知識をいくつも持っている社員との協力を確実なものにすることによって、きついコンビニオーナーの仕事の負担は確実に減るでしょう。

働く前と後の印象の違い

コンビニのオーナーというのは、ある種社長に似たところがある印象を持っている人が多いでしょう。

実際、上司に支持されて働くのが嫌いな人や、マネジメントに力を入れたいというサラリーマンが、コンビニオーナーになることは多いです。

しかし大企業の社長のような優雅さはなく、ただただ働かなければいけないことが多いです。原価率が高いこともあり、お客さんの回転率を高める必要があるため、結果として接客時間は増えます。また廃棄も多いため、なかなか儲けるのは難しいといわれています。

ただしうまく軌道に乗せることができれば、自分は店舗に立つことなく、利益をあげることができる職業でもあります。