保育士はつらい、きつい?給与がやすいにも関わらず、人手不足で残業や、持ち帰りタスクが多い

記事の著者:2292825

保育士は、ニュースや新聞などでもよく取り上げられる、いろいろ大変な職業です。

昨今騒がれている保育士不足は、思った以上に辛く過酷な仕事内容や、保育士を取り巻く環境が影響しているのかもしれません。

以前は人気の高い職業であった保育士が、なぜこのような立ち位置にいたってしまったのでしょうか?保育士の今の実態について紹介していきます。

つらい・きついと思った瞬間

保育士は、待機児童問題や、拘束時間の問題、慢性的な人で不足など、いろいろと問題が多い職業の1つ。

可愛い子どもたちと一緒に過ごせる反面、他人のお子さんを預かるという、非常に責任の重い仕事でもあり、なかなか保育士の数が増えない現状があります。

具体的に保育士のどのような仕事が、実際の労働者に、つらさやきつさを感じさせてしまっているのでしょうか?

自分の思うように仕事が進められない職業

基本的に子どもは簡単に言うことを聞いてはくれません。我儘を言い、いたずらをし、好き勝手にいなくなってしまいます。しかし、それでも保育士という仕事では、それを笑顔で対応しなければならないのです。

もちろん悪気のない子どもに対して、怒鳴って言うことを聞かせることはできません。叱ることも、非常にデリケートな問題のため、なかなかやりにくい仕事になってしまっているのです。

命を預かるという重圧

日々の保育で1番大切なことは、「預かった子どもたちを、朝と同じ状態で夕方保護者に引き渡すこと」です。小さな擦り傷ひとつだとしても保護者にしてみれば心配で、原因を知りたくなるもの。

また怪我や病気など、体調の変化があるときは、適切な対応と迅速な判断が求められます。自分の対応ひとつが命に関わってくることもあり、責任は重大です。

またその命は1人の子どもではなく、大勢の子どもです。同時にたくさんの子どもを見るのはベテランの先生でも大変なことです。新人の場合は、責任が常にのしかかり、ストレスにつながる人もいます。

求められることが多すぎる

保育士は、いつも適当に子どもを遊ばせているわけではありません。大きな目標を立て、それに基づいた細かい計画を立てて、毎日保育をしているのです。

子どもたちに何を身につけさせたいのか、どんな力を引き出したいのか、興味を持って活動に取り組んでもらうにはどう準備すれば良いのか、常に考えています。小学校の先生のように、体育的なことや芸術的なこと、言葉や数字に興味を持つための活動など、年齢ごとに工夫する事も求められるのです。

日中子どもといる時間だけでなく、子どもがいない場所でも常に考えて、事務もこなしていくのは大変ですよね。

仕事量が多い

保育士の仕事のメインは子どもの保育。もちろんただ見るだけではなく、ひとりひとりの成長に適した保育を行い、事故などが起きないように細心の注意を払わなければなりません。

また保育に加え、連絡帳・日誌・児童記録・保育計画表など日々の記録物が山のようにあります。子どもを見ながら記入することはできないので、職員同士交代して時間を作ったり、残業したり、家に持ち帰ったりして作成しているのです。

そして保育計画に沿った準備が必要となるため、持ち帰りの仕事量はどんどん増えていきます。そのため、多くの保育士が睡眠時間や休日の予定を削り仕事をこなしているのが現状です。

勤務時間が毎日違う

多くの保育園が長時間保育を実施しており、当番制を採用している園では早番・普通番・遅番などその日によって勤務時間はバラバラ。

出退勤時間が違うので毎日のリズムが作りにくく、特に新人保育士はこの生活に慣れるまで時間がかかります。自身が子育て中の保育士は当番に合わせて、自分の子どもを預ける時間を調整しなければならないのも大変なところです。

また、保育後に会議がある園が大半で、その会議も乳児クラス・幼児クラス・全クラスなど細かく分かれており、月に何度も帰宅が遅くなるということが多々あります。

子どもの対応が難しい

無邪気な子どもたちに癒される一方で、どうしても対応に困る子どもたちがいるのも事実です。

例えば昼寝の寝かしつけでは、ベテランの先輩が寝かしつけるとすぐに寝入る子どもが、新人の自分だと何十分もかかってしまい、そのせいでその後の業務に支障が出てしまうことも。

経験を積めばコツが分かってきたり、他の保育士に代わってもらったりと対応できるようになりますが、それまでは「自分は保育士に向いてないのでは…」と落ち込んでしまう保育士も少なくありません。

他にも噛みつきや引っ掻きなど子ども同士のトラブル、自己主張の強い2~3歳児への対応や、ADHDなど発達障害を抱える子どものケアなど、悩みは尽きないのです。

保護者対応が難しい

子どもも十人十色であるなら保護者も十人十色。俗に言うモンスターペアレンツは実際のところ特殊なケースですが、正解のない子育てにおいて、保護者と保育方針が異なるケースは多く存在します。

子どものことを考えてこうして欲しいと伝えても、我が家ではそうではないと言われてしまえば、歩み寄るまでには時間が必要です。

保育園は、さまざまな事情を抱える家庭が集まっている場所。自分の保育理念を持ったうえで、それぞれの子ども、そして家庭の状況を冷静に見守り、その対応をすることが求められます。

その繰り返しの中で保護者との信頼関係が結ばれていきますが、かなり根気のいることです。

頑張っているのに評価されない

保育士は子どもがいない場所でもカリキュラムを考えたり、イベントの準備をしたり毎日精一杯働いています。

それにもかかわらず子どもから何気ない言葉で傷つけられたり、保護者からさらなる要求をされたりします。園児と保護者に限らず、上司からも褒めてもらうことは滅多にありません。

頑張っているのに辛辣な言葉をかけられたり、認めてもらえないのはいくら子どものためだと思ってもつらいのです。

人手不足

現代の日本には、保育士の絶対数が足りていません。潜在保育士(保育士資格を所有し、保育士として登録されているが、実際には社会福祉施設などで勤務していない者)が76万人、保育士として勤務している人の数は43万人といわれています。

しかし待機児童問題はなかなか解決されることはなく、朝から夜まで働かなくてはいけない保育士。過酷な労働環境に体を壊してしまう人も少なくないのです。

給料が安い

平成27年度の賃金統計から見ても、女性保育士は女性の全産業平均より年収が50万円も低いというのが現状です。

保育士の賃金アップを求める声が各所で上がっていますが、保育は福祉という考えが根強いため、実現するのは時間がかかるかもしれません。たとえ大卒であっても手取り15万といった保育園もあります。それにも関わらず、仕事量・仕事内容は、かなりハードなところがあります。仕事が終わらないから自宅に持ち帰り、終わるのは深夜遅くなんてことはザラ。翌日は「早番だから6時台に保育園に行かなくちゃいけない…」ということも。

とくに行事前は、園児たちの衣装を用意したり、大道具・小道具を作ったりと「もう体力が持たない!」と叫びたくなることが多々あるようです。また一般的な企業と違い、残業をした分だけ残業手当が出るという保育園はほとんどありません。残業をどれだけしても給与が上がらず、仕事内容と金額が見合っていないこともあります。

人間関係

男性保育士や男性事務員等、園内に男性が1人でもいれば、比較的和やかになる傾向があるようです。しかしまだまだ男性がいない保育園が多く、女性同士のギスギスした人間関係に疲弊してしまう人がとても多くいます。

女性特有の空気や、独特の風潮があることは否めません。

まず何よりも気遣いができることが求められ、上下関係がしっかりしているので、新人保育士は先輩の先回りをして業務の準備をするなど「空気を読む力」が必要となってきます。

また、女性が集まるとどうしても噂話が広まりがち。勤務中の態度だけでなく、通勤時の服装や休憩時の振る舞いなども気をつけていないと、あらぬ噂を立てられることもあります。

保育士のつらさ・きつさの解決方法

保育士のつらさ、きつさを解決する方法は、そう多くありません。国をあげて保育士の給与をあげ、人材をより多く育成する取り組みがおこなわれています。

たしかに職場の連携を密にし、お互いの負担を軽減するといった方策をとることは不可能ではありません。そのような対策でも、保育士の数が足りていないという現状は覆らないのです。今は、我慢のとき。いつかよくなる未来を信じて、働いていくしかありません。

またつらいときは、身近に相談できる人を持つようにしましょう。職場の同僚や先輩もよいですが、気兼ねなく自分の思っていることを言うには、学生時代からの友人や趣味を通じた仲間などがよいかもしれません。

旅行やスポーツなど、保育とはまったく違う世界に没頭することも、気持ちが切り替わり、また仕事を頑張ろうと思える効果があります。

保育士はつらいことやきついことが多いですが、小さな子どもとここまで関われる仕事は多くありません。むしろ保育士くらいでしょう。あなたが保育士という仕事を好きでいるのであれば、もう少し頑張って見てもいいかもしれません。

悪口や噂は聞き流す

保育士は女性が多い社会で、悪口や噂話で盛り上がることが頻繁にあります。そんな人間関係が耐えられなくて辞めたいと考える人も多いでしょう。

こういう時には上手に聞き流すことがポイントになってきます。

悪口を言う集団に全く関わらないとさらに除け者扱いされてしまうので、話を振られたら、「そうなんだね。」「知らなかったな。」などのように相づちを打って、話題に乗らないようにしましょう。

話題に乗ってしまうと、「○○さんも言ってた」と後から巻き込まれる可能性があるので悪口や噂話には注意しましょう。

保護者からのクレームに責任の重さを感じすぎない

保護者からのクレームは逃れられません。大事な子供を預けているわけですから、不満が溜まってしまうのもわかります。

しかし、クレームが全て自分の責任になると考えるのはよくありません。保育園全体に関わることでもあるので、自分だけが悪いと決めつけないでください。

そして、クレームは自分だけでなくどの保育士も受けているはずです。周りも自分と同じなんだと考えるだけでも少しは楽になるでしょう。

無理な要望を受けた時は素直にできない旨も伝えましょう。園児の数が多いのに、一人の子だけを見るということは絶対にできません。できないのに「できます」と答えてしまう方が後から苦情を増やすことにつながります。

周りに話してみる

自分一人で辛いことをため込むのは良くありません。一向に解決しないどころか悪い方向に行ってしまうことが多いです。辛いときは信頼できる友達や家族に相談してみましょう。

また、できるだけいろんな人に悩みを打ち明けることで意外な人から解決へのヒントを得られることもあるかもしれません。一人で悩まず、思い切って周りを頼ってみましょう。

同僚に相談することもできますが、情報が漏れることだけは絶対に避けたいので話題選びには注意しましょう。

仕事内容を書き出して優先順位をつける

仕事の量が多すぎて効率良くこなすことができない、保育士に向いていないんじゃないか、と考える人も多くいるでしょう。しかし、一旦頭でごちゃごちゃになっている仕事内容を書き出してみてさい。

書き出してみることで頭の中が整理されます。その後、その仕事に優先順位をつけます。よく見てみると、自分がやらなくていい仕事が出てくる場合もしばしば。

そういった日々の仕事を目に見えるようにすることで、効率的に仕事をこなせるようになります。効率的に仕事を回せることができれば、気持ち的にも時間的にも余裕が生まれます。

求められていることが多くて自分の能力ではできない、と考えるのではなく、冷静に整理するところからはじめることが大事です。

無理やりにでも余裕をもってみる

毎日忙しすぎて心の余裕が持てないという人は多いでしょう。保育士は子供の世話だけでなく、イベントの計画を立てたり日案・週案・月案の作成など、事務的な仕事も多いのが現実です。

そんな現実から、残業は当たり前で毎日の業務をこなすだけで必死という人が多いのです。酷い場合は精神を病んでしまうというケースもあります。

ただ、そういった日々に無理やりにでも余裕を持たせるのも一つの手です。精神を病んでしまうくらいなら、この日は残業をしないと決めて余裕を持った方が良いでしょう。

自分を過度に追い込みすぎると、体調を崩したり、仕事に集中できなくなってしまいます。そうなってしまっては逆効果なので、少しでも余裕を持たせることが大切です。

自分に合った職場を探す

保育士の仕事を辛いと感じる理由は人それぞれ異なります。なにが今の職場に足りていないかを見極めて、自分の理想の条件を考えてみることから始めましょう。

自分ではよくわからないという人は、厚生労働省の認可を受けている保育専門の転職サイト「ほいく畑」で専任のコンサルタントに現在の悩んでいることや保育園に求めるものを相談してみましょう。

そうすると、数多くの求人の中から自分の条件や要望にぴったりの保育園を紹介してもらうことができます。

保育士の仕事や人間関係がつらいと感じたら、まだ転職することが決定していなくても他の園の情報収集をしておきましょう。精神が疲れ果ててからでは手遅れです。まだ少しでも余裕があるうちに自分にぴったりの職場を見つけましょう。

ほいく畑に登録する(無料)

働く前と後の印象の違い

保育士というのは、命を預かる仕事です。子どもとただ遊んで面倒を見ていてあげればいいという幻想はありません。

子どもたちを危険から遠ざけ、守り、常にどこかに命を脅かす何かが隠れ潜んでいるという緊張感を忘れることができないとても過酷な仕事なのです。

ただし、子どもの成長をこんなにも間近で感じられる職業はないでしょう。今日できなかったことが明日はできるようになるかもしれません。子どもたちは言葉にしなくても、あなたに対して心を開き、感謝をしているはずです。

楽しさややりがいを、自分で見つけながら働くことで、少しでも毎日の仕事を楽しめるよう自分でも努力をしていくことが大切といえるでしょう。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。