栄養士はつらい、きつい?調理やカロリー計算と言った事務的な作業が多い

記事の著者:1978020

栄養士は施設の給食の献立を考えたり、人の食生活の栄養指導をおこなうことが仕事です。

食は大学でも人気分野の1つです。また、医療や福祉、教育の場などさまざまなところで活躍ができる人気の職業でもあります。

しかし、楽しいことばかりではないのが栄養士です。1つ間違えれば、自分の献立で患者を命の危機晒してしまう危険性もある、非常に責任感の重い職でもあるのです。

今回は栄養士のきつい、つらいといった裏の部分を紹介します。

栄養士の仕事が、きついと思った瞬間

自分の献立で多くの人が笑顔になり、自分の好きな料理を仕事にできるのは幸せなことでしょう。

しかし、栄養士の仕事は楽しいことだけではありません。

献立が思うように浮かばないとき

施設に勤めている人だと、朝昼晩間食の献立を考えないといけません。毎日同じ献立は健康にもよくないですし、入居者に嫌がられることもあります。

工夫してもいい献立が思いつかない、人に美味しいと食べてもらえるレシピが思いつかない……。このような事態に陥ると、自分が栄養士に向いていないと思ってしまう人が多くいます。

自分が考えた料理を食べてもらえないとき

頑張って献立を考えて料理のレシピも作り、いざ食べてもらうと、残している人が多くて気持ちが沈んでしまった。という悩みは多いです。

人には好き嫌いもあり、働く場所によっては思うように食べれない患者もいます。

悲しい気持ちになるのはわかりますが、どうしたら次はもっと食べてくれるようになるのかを考えることで、プラスのエネルギーに変えていきましょう。

他の栄養士のほうができていると言われたとき

栄養士は1施設に1人とは限りません。複数人同じ栄養士の資格を持つ人がいる可能性が高いです。

競い合ったりする業種ではありませんが、どうしてもあの人が考えた献立の方がよかった。レシピが良かった。と言われると切ない気持ちになってしまいます。

調理がうまくいかないとき

栄養士は献立を考えるだけが仕事ではありません。実際に調理して食べてもらうこともあります。

学校給食や老人ホームでは栄養士さん自らが手作りして提供することがあります。そんな時調理ミスをしてしまうというケースは珍しくありません。

特に新人さんとなると調理ミスをする回数は増えてきます。先輩に怒られたり、同期の人に迷惑をかけてしまいつらいと感じることがあります。

献立を考える仕事じゃなかったとき

栄養士の仕事は献立や栄養管理をする仕事です。しかし、調理をしたり、事務的な仕事も多々あります。

献立を考えたいから栄養士になったのに!と思い止めてしまう人も多いです。しかし、新人の頃は献立を考えさせてもらえる機会の方が少ないでしょう。

まずは先輩たちのスキルを盗めるよう、日々精進するのが大切です。

つらさ、きつさの解決方法

栄養士として仕事をしていると調理はしたくないのに…と悩んでしまうことが多い仕事です。

そんなとき、解決方法が事前に分かっていれば少しでもストレスを減らせるでしょう。

献立関係の解決方法

献立が決まらない、浮かばないという悩みの解決方法としては、いろいろなレシピ本を見たりネットで話題になっている食材を知ることが大切です。

自分の頭の中にあるレシピだけでは献立は尽きてしまいます。また、自分が考えた料理を食べてもらえない場合は、家で料理の腕を磨くしかありません。また、作った料理を友達や親に食べてもらい感想を聞くようにするのもいいでしょう。

調理関係の解決方法

栄養士として調理の仕事をしているとき、調理ミスをしてしまうこともあります。調理ミスをしてしまうと最悪の場合捨てないといけなくなります。そうなってしまった場合は、先輩に怒られてしまう可能性が高いでしょう。

調理の腕をあげるには、たくさん料理をすることしかありません。失敗を怖がらず、いろいろな料理に挑戦するようにしましょう。

働く前と後の印象の違い

働く前と後の印象の違いをとても痛感するのが栄養士の仕事です。とくに働く前は、栄養士として人の献立やレシピを考えてその料理を食べてもらえる仕事に就ける!と意気込んでいるでしょう。

しかし、実際はほかの栄養士が考えた献立を調理する側だったり、人の健康管理の資料作りやカロリー計算と言った事務的な作業をしたりすることがほとんどになります。
 
この業種は年功序列の仕事なので、栄養士として2年以上経っても、献立を考えさせてもらえない場合も0ではありません。