ラジオパーソナリティになるには?緊急時でもあせらない対応力が必要

記事の著者:1872293

ラジオ番組で番組を進行しながら情報を伝えたり、軽快なトークでリスナーを楽しませるラジオパーソナリティ。

タレントやアーティストがファンに向けて発信するものや、ニュースや天気、交通情報などを伝えるもの、1つのテーマについて深堀しトークで盛りあげるものなど、いろいろな番組があります。

そこで今回、そんなラジオパーソナリティのなり方について紹介していきます。

ラジオパーソナリティのなり方

ラジオパーソナリティになるには、いくつかの方法があります。

・アナウンサーの養成学校や放送関係の専門学校に通う
・ラジオ局に就職する
・芸能事務所に所属する
・オーディションを受ける

養成学校や専門学校では、発声方法や発音などの基本かつ専門的な知識を学べたり指導を受けることができるので、ラジオパーソナリティに必要なスキルを身につけることができます。

ラジオパーソナリティは、聞き手に顔がみえないので表情が伝わりません。

聞き手に分かりやすく正しくメッセージを伝え、そのうえで楽しんでもらうためには、専門的なスキルを学校で学ぶのがいい方法でしょう。

ラジオ放送をしている放送局は、ラジオパーソナリティとして自社のアナウンサーを起用するケースがあります。

そのため、アナウンサーとしてラジオ局に就職することでラジオパーソナリティになるチャンスが回ってくるかもしれません。

アナウンサーのほかにも、人気アーティストやタレント、俳優などが自身のラジオ番組もっていることも多いため、芸能事務所に所属しタレントになるという方法もいいでしょう。

芸能事務所には、オーディションの情報が入りやすいなどの利点もあります。

オーディションは所属していなくても受けられることもあるので、オーディションの情報をみつけたら応募してみてはいかがでしょうか。

ラジオパーソナリティに必要な資格

ラジオパーソナリティになるのに資格や学歴は必要ありません。

しかし資格をもっていたり深い知識のある分野があると、それにちなんだコーナーや番組にばってきされる可能性はあります。

ただその枠はとてもせまいので、より広い視野をもって自身の情報のアンテナを色々な方向へむけることが必要でしょう。会話を広げることで、聞き手にも心地よいトークができ、ラジオパーソナリティとして重宝されるかもしれません。

またゲストとして外国の方をむかえるときに、通訳にたよることなく会話ができると、とてもスムーズな流れになります。

ラジオパーソナリティになるには、英語などの語学力があると有利でしょう。

活躍するために必要な能力

ラジオ放送は生放送の場合が多いので、ハプニングが起きたときや緊急時に対応できる対応力や適応能力が重要です。

現場でおこっている事態は、聞き手には関係ありません。たとえ動揺してしまう事態だとしても、聞き手が安心して聞いていられるようなラジオパーソナリティが活躍し続けられるといえます。

たくさんのラジオ番組があるなかで、毎回聞きたくなるような人気のラジオパーソナリティになるためには、面白さも必要です。

ただ話をするだけでなく、楽しませられるようなプラスの情報をいれてみたり、特化した個性をだしていくことでどんどん引きこまれていきます。

そして楽しませるためには、自分自身も楽しみながら日常の出来事をインプットし、アウトプットしていくことが大切だといえるでしょう。