カメラマンになるには?アシスタントとして認められるまで働く必要がある

記事の著者:936415

カメラマンは、カメラを扱い写真はもちろん、動画撮影もおこなう、カメラのプロフェッショナルです芸能界と密接な関係にあるので、憧れる人も多いでしょう。

また最近では、スマホや一眼のカメラが身近なものになり、多くの人が写真を撮ることができるようになりました。そのため写真や動画に、興味関心を持つ人が以前よりも増えています。

これと同時に、カメラマンはより一層高いレベルでの撮影を求められるようになっています。そんなカメラマンですが、どのようにすればなることができるのでしょうか?

カメラマンになるにはどうすれば良いのか

カメラマンは、機材を扱う特別な技術が求められます。そのため、高校を卒業したあとは、大学や専門学校に進学して、技術を学ぶことが望ましいです。基本的には、大学や専門学校を出て、カメラマンの養成学校に入るのが、一般的なルートです。

養成学校を出たあとは、スタジオなどでカメラマンのアシスタント業務に携わることになります。そこで、先輩カメラマンからさまざまな指導を受けることで、知識や技能を身につけていくのです。

アシスタントとして働くことで、業界の事情もわかりますし、現場に慣れていくことができます。たとえ大学や専門学校で知識や技術を身につけたとしても、それがすぐに実践に生かせるというわけではありません。

そのため、大半のカメラマン志望者は、数年間の間アシスタントとして経験を積み、一人立ちできるように修行を重ねるのです。

アシスタントとして働くさい、必ずしも専門的な技術や知識が必須なわけではありません。そのため独学で学んできた人でも、カメラマンになるチャンスはいくらでもあります。

カメラマンになるための資格はあるのか

カメラマンになるために必要な資格は、とくにありません。

強いていうのであれば、Phtoshop(R)クリエイター能力認定試験や、写真技能士の資格を取っておくのがいいでしょう。

Phtoshop(R)クリエイター能力認定試験は、スタンダードとエキスパートの2種類があり、エキスパートではデザイナーやクリエイターのレベルを想定して試験が実施されます。このPhtoshopは写真加工時に必ず必要になるツールです。資格は取得していなくても、ある程度扱えることは、基本的なスキルになるでしょう。

写真技能士は、人物撮影に特化した試験内容です。

カメラマンとして活躍するために必要な能力とは

アシスタントを務めたあと、テレビ局の採用に合格すれば、テレビ業界で働くこともできます。

カメラマンは、バラエティやニュースなどの番組だけでなく、グルメレポートや、ときには報道に出かけることもあるので、相当体力が必要となるでしょう。

機材も重いので、体力仕事ですし、体力は欠かせません。また、照明さんや音声さんとも連携を図る必要があるので、チームワークが重要なため、コミュニケーション能力が要求されます。

高度な専門性が要求される仕事なので、コツコツとスキルを上げていけるような、努力も必要です。テレビ業界などで活躍するカメラマンになるには、相当修行が必要ですが、どうしてもなりたいという人は、学生のうちから知識や技能を磨いておきましょう。