テニス選手になるには?会場の雰囲気にのまれない精神力が必要

記事の著者:1487985

ここ数年、テニス界では男子は錦織圭選手、女子では大坂なおみ選手が大活躍しています。この2人の活躍で、プロテニス選手を目指す人も多くなりました。

人気も実力もあれば、プロテニス選手はかなり恵まれていて稼げる職業です。ただし、プロテニス選手になるには、普通の人とはくらべものにならないほどの努力が必要不可欠です。

努力したとしても、プロになれるのはほんの一握り。とてもきびしい世界です。

テニス選手のなり方

テニス選手のなり方は、少しでも小さいときからテニスをはじめることです。スポーツにかぎらず、なにか1つの道を極めようとする人はとにかく物心がつく前からその道に取りくんでいます。

そして、幼いときから試合にも積極的に出て、実戦をたくさん経験することでどんどん強くなっていきます。この実践経験がテニス選手にはとても大切です。

高校生になる頃には、国内でも有数のテニス強豪校などに進学することで、より身近にレベルの高い選手との試合で競いあうことができます。

また、早くからプロ選手として活躍したいという人は、あえて高校を選ばず、海外にある有名なテニスアカデミーへ留学してでも実力を伸ばそうとします。

テニス選手に必要な資格

テニス選手として必要な資格はとくにありません。あるとすれば、アマチュアかプロかの違いくらいです。それくらい、実力主義できびしい世界。

プロテニス選手になるには、アマチュア時代に数多くの好成績をあげることが必要です。そういった実績をもとに、(公財)日本テニス協会に申請をあげて、その実力を認められた選手がプロ選手として登録されます。

日本テニス協会では、選手登録を、次の3つに分けています。

・一般選手登録
・ベテラン選手登録
・プロフェッショナル選手登録

プロテニス選手としての登録は、2種類あり、トーナメントプロ選手とレジスタードプロ選手に分かれています。

違いは単純にJTAランキングの100位以上か以下かでの区分けです。

テニス専門で生計を立てるには、このプロテニス選手になって、試合で賞金を得られるようにならなくてはなりません。しかし、試合の賞金だけではなかなか試合に参加する経費をまかなうことが難しい場合が多いです。

また、海外での活動も増えますので、ほとんどのプロテニス選手はスポンサーがついていて費用の助成を受けています。

もちろん、レッスンプロと呼ばれような、試合での賞金はほとんど稼げなくても、各地のテニス教室でレッスンをしたり、誰かプロ選手のコーチをしたりすることで収入を得ることもできます。

テニス選手で活躍するために必要な能力

テニス選手として必要な能力は、スポーツ選手全般にいえることですが、まずはテニスが大好きでそのための努力はまったく惜しまないことが必要です。

そして、プロテニス選手としては大変タフな試合を要求されますので、強い精神力が求められます。

相手も勝つために全身全霊で試合に臨んできますので、それに対して一歩も引かない精神力が重要です。それに加えて、大きな大会や試合ではとにかく会場にたくさんの人がいます。

そのためにかかるプレッシャーは、並大抵のものではありません。そのプレッシャーをはねのけて普段通りの実力をいかに出せるかという能力が非常に大切です。