トリマーになるには?資格を持っておくことで就職に有利

記事の著者:1487985

今の時代は、ペットが家族の一員だと思っている人も多いです。

それにともなって、ペットショップもブリーダーも数多くなり、ペットを飼う人も非常に増えました。

まさに家族だといえるペットを大切に飼うために、トリマーという仕事は需要があります。トリマーとは、ペットの毛をきれいに刈りそろえる仕事です。

かわいいペットと触れあえる仕事ということで、人気の高い仕事でもあります。

トリマーのなり方

トリマーのなるには、ペットの生態系などの情報や実際にトリミングする技術を習得する必要があります。

そのため一般的ななり方としては、ペットショップに就職して経験をつんだり、ペット専門の学校や通信教育などを1〜2年受講することで経験をつむことです。

その後は、動物病院やペットサロンまたは最近増えてきたペット専用のサロンに就職することで、トリマーとしての実務をおこなうようになっていきます。

実際には、トリマー専門職で働くというよりは、それぞれの職場の仕事を全般的に担当する場合が多いです。

また、トリマーそのものに必要な資格はありません。しかし、トリマーのスキルや能力を評価するための認定制度はたくさんあります。

JKC認定トリマー

(一社)ジャパンケネルクラブが認定するトリマー資格です。

技術とレベルで師範・教士・A級・B級・C級の5つにランクが分かれています。

資格取得には、JKC公認のトリマー養成機関で所定の課程を修了することで付与される場合や、JKC会員を2年以上継続していてJKCがおこなう試験に合格するなどの方法があります。

トリマーペットスタイリスト

(一財)日本能力開発推進協会が認定する資格です。

受験資格はこの協会が指定した認定教育機関がおこなう、認定講座を受講して修了したことが必要条件となっています。

その後、試験は随時受験することができます。

内容は、犬に関する基礎知識とトリミングに関する基礎知識やトリミング技術に関する職業能力となっています。

ドッグ・キャット・グルーミング・スペシャリスト

NPO法人日本動物衛生看護師協会(通称JAHTA)が認定する資格です。

犬と猫の美容師としての資格を認定するものとなります。

協会が認定する教育機関で2年以上勉強して修了することが条件。

試験内容は、筆記・実技・面接に分かれています。

めずらしいのは面接試験があることです。トリマーとしての素養があるのかどうかをふくめて実際の人物像できちんと判定する方法だと考えられます。

トリマーは技術者であり、スペシャリストだといえますので、こういった資格や経験をつんでいくことが大切です。

トリマーで活躍するために必要な能力

トリマーとして活躍するためには、動物好きだということは必須条件。ペットに対する慈しみの心がなければ、トリマーの仕事は絶対にできません。

また、動物アレルギーがないことも重要です。デリケートな動物を当然手でさわるわけですから、アレルギーがあると仕事に支障をきたすようになります。

さらに、トリマーは技術者なのでハサミを使う以上、手先の器用さも大切な能力の一つになります。

ほかにも、飼い主とのやりとりでペットの状況を把握することは大切なので、ペット相手の仕事ではありますがコミュニケーション能力も重要です。