ナレーターになるには?文章を読み解く読解力も必要

記事の著者:1487985

テレビなどのメディアの発達が著しい我が国の現代社会情勢です。

そういったメディア番組制作で、内容をより良くするのに活躍するのがナレーター。

ナレーターは、映像に合わせて言葉を喋る仕事です。

今はコンテンツの内容が番組評価に大きく関わるので、ナレーターの果たす役割は大きなものがあります。

そんなナレーターは、自分を表現する仕事でもあるので、あこがれる人も多くいます。

ナレーターのなり方

ナレーターになるために必要な資格は、とくに求められていません。

ナレーターを目指すのであれば、ナレーターを養成する専門学校や声優関係の専攻科がある学校または放送関係の大学などで勉強する方法が一般的です。

そのためナレーターは、完全実力主義の世界だということになります。

個人でやっていくには経験と知識が必要ですので、最初はナレーター関係の会社や事務所に応募して就職することが主流。

ナレーターになるための就職先

主な就職先としては、声優関係の事務所やイベント会社・コンテンツ制作に関する会社があります。

またナレーターは、正規雇用の社員というよりも業務委託を請け負っておこなう契約がほとんどです。

仕事を受けるためには、自己アピールも含めてデモテープを送ったり、オーディションを受けたりといったやり方があります。

また、最初はナレーターの世界と違った分野で活躍していた人が、ナレーターになる場合もあります。

例えば、俳優や声優、アナウンサーなどをしていた人が、あるときナレーションを担当した番組でブレイクして、そのままナレーターに転身することもめずらしくありません。

そういった道もあるということを、覚えておいてください。

ナレーターとして働く上で必要なこと

ナレーターは、特定の業界や内容だけ対応できればいいという仕事ではありません。

そのため、常に自分でアンテナをしっかりと張って情報収集をおこなうことで、今の時流をある程度掴んでおかなくてはなりません。

少しでも深くそれぞれの業界に関する知識を学んでいくと、専門的な用語が数多く出てくるので、イントネーションやニュアンスをうまく表現する訓練も必要。

そして、少しでもナレーターとして活動をしてくると、より自分の表現力を磨く機会が増えます。

綺麗な声や日本語でナレーションできるのが良いのはもちろんですが、自分の個性を生かして特徴ある表現をおこなうことで、ナレーターとして活躍できるようになります。

ナレーターで活躍するために必要な能力

ナレーターで活躍するために必要な能力は、まず適正能力である発声技術や表現力そして暗記力が考えられます。

この3つの能力がなければ、単に原稿を棒読みするだけの発声しかできないという評価になってしまいます。

内容に応じた適切な表現力は臨場感を十分に感じさせますし、番組の進行に沿った対応をするためには原稿を暗記しておくことも必要。

そして、大切なこととして読解力が求められます。

原稿の先にある事実や真実をきちんと理解することで、ナレーションが十分に映像を活かせるようになります。

ナレーターは、人の気持ちがわかる表現者であることが重要です。

まずは転職サイトで可能性を

ナレーターへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、ナレーターへの転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る