料理研究家になるには?自称で名乗ることが可能だが、食べていくには努力が必要

記事の著者:644620

食のスペシャリストである料理研究家は、少しでもおいしい料理を食べたいという人の夢を叶える素敵な職業です。

その名の通り、料理について研究し、世に発表するのが主な仕事になります。本やテレビ、料理教室などで紹介したり、レストランなどで新しいメニューを開発することもあります。独自の味を生み出すために、日々研究を重ねる職人ともいえます。セミナーなどで教える先生になる人もいるでしょう。

タレントとしても活躍していた森崎友紀さんや、男子ごはんで有名なケンタロウさんなどが料理研究家としては有名です。

主に女性が得意とする分野で、たくさんの人が活躍しています。そんな料理研究家になるにはどうすれば良いのでしょうか?

料理研究家になるには?

料理研究家になるには、試験などはありません。自称「料理研究家」で名乗ることが可能です。

しかし活動するためには、料理研究家として認められるような努力が必要です。

料理研究家のアシスタントになる

料理研究家のアシスタントの求人は、インターネットを中心に情報がたくさん出ています。料理研究家が自身のブログやホームページにアシスタントの募集情報を出すこともあります。ほかにも、調理師の専門学校に求人募集を出したり、知り合い紹介でアシスタントに応募できることも多いです。

またどうしてもアシスタントになりたい料理研究家がいるのならば思い切って問い合わせてみましょう。そのときチャンスが無くても、いずれ声がかかる可能性もあります。本を出している料理研究家の方なら、手紙を送ってみるのもいいでしょう。

ただしアシスタントからのスタートになるため、修行するくらいの気持ちで謙虚に望むことが大切です。雑務などの仕事もはじめは多いかもしれませんが、まずはどんなでもコツコツとこなしていきましょう。

飲食店で働く

料理研究家になるには、飲食店での経験はためになります。専門知識を身につけたり、プロの料理人と働くことは大変な勉強になるでしょう。

おいしい料理や喜ばれる料理とは何かを学び、研究するには最適な場所です。食材の知識も深まるでしょう。調理の腕もつきます。長く働くようになれば調理を任され、レシピの考案・開発に携わることも夢ではありません。

世界の料理は無数にあります。日本料理、中国料理、インド料理・・・どれも素晴らしい文化です。経験を積む場所はいくらでも存在しているといえるでしょう。また2年以上調理の業務に従事すると、調理師免許を受験資格が得られます。

料理教室で働く

料理研究家になるには、料理教室に勤めるのもいいでしょう。料理の基本を身に着けることができますし、料理を学びにくる生徒に教えるというスキルが身につきます。人気のあるスクールや教室というものはどのように運営していのか、将来独立したときの参考にもなるでしょう。

また直接仕事には繋がりませんが、友人を集めて料理教室を開くのも勉強になります。友人と楽しく料理を作り、教室としてやっていくにはどんな方法があるか、率直な意見を聞くのです。思いがけないアイディアが生まれるかもしれません。

独学で学ぶ

独学で料理を学んだ人も料理研究家になることができます。料理好きが高じてレシピ本を出版した、ということもあります。取材を申し込まれ、一躍有名人になるということも夢物語ではありません。個人から始めるのなら、情報発信をしていきましょう。

ほかにもブログを書くのは有効な手段です。お弁当をアップしていたらアクセスが増えて有名になったということもあります。調理のサイトにレシピを考案するのもいいでしょう。

専門の学校や、プロの料理人として勤めた経験は無くても、お弁当を作ったり家族の為に料理を作ったりと経験は豊富なはずです。主婦から料理研究家になったという人も珍しくはありません。

料理研究家になるために必要な資格

料理研究家には、国家資格や民間の資格はありません。しかし、料理に関する資格を持っていて損はないでしょう。

調理師の資格

調理師免許を取得するには、①調理師養成学校を卒業する②飲食店などで2年以上従事し調理師試験に合格する、という2つの方法があります。①は卒業と同時に調理師免許が取得できます。調理師免許があれば、飲食店で「調理師」として勤務できます。

基本的な調理のスキルを取得している証です。

栄養士の資格

料理研究家には「栄養士」の免許も持っているといいでしょう。プロフェッショナルとして、栄養学的観点からレシピを考案できます。栄養士の専門学校や大学で2年以上(昼間)学び、試験に合格すると資格取得でできます。

上級資格の「管理栄養士」を目指すのもいいでしょう。

料理研究家として、活躍するために必要な能力

理研究家になるためには、たくさんおいしいものを食べましょう。見よう見まねでも、美味しいと思った料理を再現してみるのは、スキルアップのためにはかなり有効な手段です。

レストランで食べたあの料理、老舗旅館のコース料理、行列の堪えない飲食店・・・何が人を惹きつけるのでしょうか?調味料は何を使い、どんな食材が使われているのでしょうか?有名な飲食店には必ず足を運んでみましょう。

おいしい料理考案する料理研究家にとって、舌は最大の武器です。日頃から磨いておきましょう。

また料理研究家は、独創的でおいしい料理を生み出す研究と努力に情熱を注げること、そして食べることも作ることも大好きな人が向いているといえます。