作詞家になるには?クライアントのイメージを引き出すコミュニケーション力が必要

記事の著者:289110

作詞家になるためには、作詞だけできればいいというわけではなく、作詞した商品をどのようにして売り出していくか、その流れや仕組みを理解しておかなければなりません。

そのためにまずは、専門的な学校で基礎知識を身に付けなければなりません。

ただ知識だけつけても、売れる作詞家になる人はほんの一握り。努力が報われないこともある厳しい世界です。

作詞家のなり方

作詞家になるには、音楽系の専門学校などで作詞の基礎から学び作詞家を目指す方法や作家事務所に所属してチャンスを待つ方法、レコード会社などがおこなうコンテストでの入賞や作詞のオーディションやコンペに参加しチャンスを得る方法などがあります。

そのほかにも、ミュージシャンとして活動していた人や自分のバンド活動で歌詞を手掛けていた人が、音楽関係者からその才能を認められ作詞家になることもあります。

ただ一般的には、文章力や表現力、音楽関係の専門学校で作詞だけでなく音楽の基礎を身につけた後、作家事務所や音楽事務所に所属し作詞した作品を音楽プロデューサーに持ちこむなどして認められるようチャンスを待つということが必要です。

また、作詞した作品を直接レコード会社などに持ちこむ方法もありますが、一般的にはレコード会社のディレクターやプロデューサーとつながりをもっている作家事務所に契約作家として所属し、作品の募集情報を得ながら作詞活動します。

作詞はジャンルによって表現も違いますが、作詞家になるにはあらゆるジャンルの作詞ができるようにしておいた方が作詞の依頼があったときに有利です。

作詞家として仕事が安定して入るようになるまでには時間がかかり挫折してしまうこともあるので、作詞一本だけでなく文章力や表現力を活かし放送作家やコピーライターなどの職業を兼ねながらチャンスを待つというということがおすすめです。

作詞家に必要な資格

作詞家になるには特別に必要な資格はありません。作詞した作品がレコード会社などに認めてもらい、曲をつけられレコード化されヒットさせることで作詞家として認められます。

そのためには資格ではありませんが、作詞するためにメロディに歌詞をつけていく方法や、歌詞の前提条件となるイメージの意図や風景などに合わせた作詞の仕方などが自由にできることが必要です。

また一人前の作詞家になるまでには、作詞の依頼がどのような形で飛びこんでくるかさまざな可能性があります。せっかくの大事なチャンスを逃がすことなく活かせるよう、あらゆるジャンルの曲や要望に的確に対応できるように準備しておくことが必要です。

作詞家として活躍するために必要な能力

作詞家として活躍するために必要な能力は、音楽に対する知識やスキルのほかに文章力や表現力、音楽的センスやコミュニケーション力などいろいろあります。

文章力や表現力は、豊富なボキャブラリーの中から求められるテーマに応じ限られた文字数で適切な作詞ができるために必要です。

また、すでに決まっているメロディにイメージをぴったり合わせ、かぎられた文字数でのせる能力はとても重要になります。

コミュニケーション力はクライアントやアーティストとの打ち合わせなどで要望をしっかり確認しイメージを引き出すために必要な能力であり、自分の作品を売りこむための人脈づくりでも重要な能力です。