舞妓になるには?15歳から20歳までという年齢制限がある

記事の著者:1272687

舞妓は、京都の夜の五花街を鮮やかに彩り日本文化を象徴するシンボルで海外の観光客にも人気があります。

舞妓の仕事は、茶屋で唄や舞踊を披露しお酒の相手をしたり、ときにはゲームも楽しみながら客をもてなし場を華やかにすることです。

舞妓になるにはどうすればよいのか、必要な資格は何か、活躍するために必要な能力は何かなどを詳しく解説していきます。

舞妓のなり方

舞妓になるには、まずは五花街と呼ばれる先斗町・宮川町・上七軒・祇園東・祇園甲部の置屋と呼ばれるところに入る所から始まります。

置屋とは現代でいう芸能事務所のようなもので、生活から仕事までお世話をしてくれる拠点となるところです。

舞妓になる条件

希望者は誰でも置屋に入れるわけではありません。舞妓になる条件として年齢制限があり、最年少で舞妓となる場合、中学卒業後の15歳からとなります。 舞妓は芸妓の見習いという身分であり、20歳が上限年齢です。身長は標準以上でスタイルや顔立ちも整った容姿の子が好まれます。

さらに、性格も選ばれる重要な要素です。素直さや礼儀正しさ、頭の回転の速さなど、舞妓としての適正を総合的に判断し、最終的には置屋の女将の裁量により決定されます。

最初の1年~2年間は唄や舞踊の芸ごとから礼儀作法や着付けまで舞妓として知っておくべき基本的なことを習得していきます。その期間を仕込みと呼びます。

仕込みの期間が終了すると舞妓の試験がおこなわれ、置屋の女将や茶屋から認定されると舞妓としてデビューとなります。

初めのうちは、毎日稽古やお座敷に時間を費やすためプライベートな時間を持つことが難しく、ファーストフードに行くことなども禁じられており行動も制限されます。

さらに舞妓は京ことばも堪能に話すことを求められるので、馴染みのない地域の出身の人は初めは戸惑うかもしれません。

舞妓は芸妓になる前の見習いの半玉のことを指しており、一人前の芸妓になるには数千万円の育成費用が掛かるともいわれています。最近では、稽古やしきたりの厳しさから、一人前の芸妓になる前に辞めてしまう人も多いようです。

舞妓に必要な資格

舞妓になるには、とくに必要な資格はありません。長唄・舞踊・お囃子などの芸事は置屋に入ったあとに習うため、全く経験がなくても問題ありません。

舞妓は通常の場合、中学を卒業をした15歳位の少女が置屋に入るのが一般的とされ、芸妓を目指す固い意志が求められます。

置屋に入るには女将の許可が必要となります。身長や容姿以外にも親子関係や性格面も重視され、真面目で素直な明るい子が好まれる傾向があるようです。

舞妓になるには、厳しいしきたりやプライベートな時間も制限されるため生半可な気持ちでは務まらず、資格というよりも精神面での強さを必要とされる仕事でもあります。

舞妓で活躍するために必要な能力

舞妓になるには、置屋で生活をするために親と離れて暮らすことになり、厳しいしきたりや自由な行動も制限されているため忍耐力や強い精神力が必要です。

舞妓の仕入れの期間中は、芸事や礼儀作法など覚えることも多いため、理解力や記憶力も試されるます。

稽古やお座敷の修行などで、時間に追われるハードなスケジュールなので体力もないと厳しいです。

舞妓としてデビューすれば、お座敷ではコミュニケーション能力が必要不可欠とされ更に幅広い知識もあると客からの評価も上がり活躍できる可能性も広がります。