ニュースキャスターになるには?放送局に就職するのが一般的

記事の著者:1487985

ニュースキャスターは、華やかなマスコミ業界のなかで、1番国民の目に触れて活躍しています。ニュースキャスターの主な仕事は、報道番組の進行役を務めることです。

ニュースキャスターは、報道の最前線で取材された内容を正確にかつ詳しく伝える必要があります。ニュースキャスターの社会的な影響力は非常に大きいので、その自覚をもって仕事をすることが求められるでしょう。

今回は、そんなニュースキャスターになるにはどうすればいいのか解説していきます。

ニュースキャスターになるには

ニュースキャスターとして働いている人の多くは、放送局やラジオ局のアナウンサーや報道員です。そのため、放送局やラジオ局に就職することが一般的な方法になります。

活躍しているニュースキャスターの出身大学に多いのは、慶応義塾大学や早稲田大学などです。テレビやラジオ番組で引っ張りだこの池上彰も、慶応義塾大学を卒業した後、NHKの記者からスタートしています。

アナウンサーや、報道関係の記者としての経験を積み、活躍している人がニュースキャスターとして抜擢されることが多いです。

一方で、放送局などのマスコミ関係からではなく、いきなりニュースキャスターになる人もいます。官僚経験があり豊富な専門知識を活かしたわかりやすい解説が人気となる方や、俳優や女優出身で華がある方がなっていたりもします。

ほかにも、どこにも属さずに放送局と直接契約をしてフリーランスで活動したり、芸能プロダクションなどに所属して契約社員として働く場合などもあります。

政治や国際問題といった難しい話題を扱うことが多いので、有名国立大学卒業などの学歴を持っていると抜擢されやすいでしょう。

ニュースキャスターに必要な能力

ニュースキャスターとして活躍するために必要な能力は、正確に情報を伝えることです。正確性を欠いたり事実と異なる説明をしてしまうと、人々が理解する内容が全く違うものになってしまう可能性があります。

それほどニュースキャスターのコメントや説明は、社会的な影響力が高いといえます。そのため、使命感や責任感を持って常に仕事にあたる覚悟を持っていなくてはなりません。

また、ニュースのジャンルはものすごく多岐にわたるので、色々なことに対する知識や理解を日頃から深めておく必要があります。そのために、常に向上心を持って仕事する意識の高さが求められるでしょう。

さらに、ニュースキャスターは担当するニュース番組の放送時間がバラバラなので、生活リズムはかなり不規則です。放送時間は早朝から深夜までと幅広いので、生活リズムを調整し、健康管理にも気を配ることが必要です。