農家になるには?肉体労働が中心となるので体力が必要

記事の著者:1487985

農業も高齢化が進んで、後継者不足に悩んでいます。一方で、若い世代の人が都会から地方へ移住して農業を営むことも増えてきました。

農家はまさに日本の食生活を守る大切な仕事です。

今後もわが国の食物自給率をあげるために、農家は必ずなくてはならない仕事です。

そんな農家になるにはどうすればいいのか解説していきます。

農家になるには

農家は特別に必要な資格や学歴などは一切問われない仕事です。

農作物を作る農地を所有していて、その仕事をまっとうするだけの技術力を持ち合わせていれば誰でもすぐにできます。

しかし、農業はそう簡単ではなく、知っておくべき知識は土の性質から農作物の特性など多岐にわたります。

農業を基礎知識からきちんと習得するためには、農業系の専攻科がある高校や専門学校、農業大学校などに進学して学習することが望ましいです。

もしくは、実家や親戚が農家でその仕事を手伝いながら農業のイロハを学んでいく方法もあります。

こうして農業の基礎を身につけたあとに就農することになります。

就農するには、いきなり個人事業主で独立して農家になる場合や、農業法人に就職する場合などいくつかのケースがあります。

それぞれの良さは、個人事業主であればすべて自分の裁量でできることです。一方で開業資金や資金繰り、農地の管理など自分にかかる責任は大きくなってしまいます。

農業法人に就職する場合は一般的なサラリーマンと同じように、給与をもらいながら働いていきます。自分の裁量はあまりなく、指示を受けた仕事をこなしていくようなイメージで考えてみてください。

現在は、国も新規就農者の数を増やすためにさまざまな対策を打ち出しています。これを利用して独立を目指す人も増えてきています。

農家に必要な資格

農家に必須の資格は特にありません。

しかし、農家としてやっていくのに役立つ資格はいくつかあります。

農機具運転のための免許

農家はトラクターやコンバインなどの農機具を運転しなくてはなりません。

そのため、普通自動車運転免許・大型特殊自動車運転免許(農耕車限定)・けん引免許(農耕車限定)を取っておくことが望ましいです。

農業関連の資格

農家は農薬を扱うことが多いので、毒物劇物取扱責任者(農業用品目または一般)資格が必要です。

畜産農家では家畜商という免許が必須です。

花き農家であればフラワー装飾という技能検定資格を取得することができます。

農家で活躍するために必要な能力

農家で活躍するためには、自然や野菜などの農産物を愛していることが絶対条件となります。

土や泥にまみれて、汗をかいて美味しい野菜などを喜んで作る気持ちを持っていなくてはいけません。

また、世の中の人に食べ物の大切さや美味しさを教えていけるような生き方ができることを求められます。

そして、農家の仕事は大変地味で地道な積み重ねでできる仕事なので、辛抱強さや忍耐力も大切になります。

もちろん、肉体を駆使した労働がほとんどですので、日頃から健康管理ができていて、体力維持もできていなくては務まらない仕事です。

まずは転職サイトで可能性を

農家への転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、農家への転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る