パイロットになるには?操縦したい機体に必要な資格を取る必要がある

記事の著者:1487985

空を華麗に飛ぶ飛行機で花形の仕事といえば、やはりパイロットです。

近年は航空業界もLCCの参入などで航空会社の数が増えてきました。

パイロット不足は顕著で、どの航空会社でも確保に四苦八苦していますので、パイロット需要はかなり高いといえます。

そんなパイロットになる方法について紹介します。

パイロットのなり方

パイロットになるには資格が必要です。

資格の取得法としては、主に2つの方法があります。

航空大学校経由での取得

独立行政法人 航空大学校は日本で唯一の公的なパイロット養成機関です。帯広・仙台・宮崎の3カ所の空港に隣接して学校があります。

カリキュラムは2年間で、実習で飛行機を操縦する経験を積んでいきます。

卒業時には、計器飛行証明と飛行機事業用操縦士(陸上単発・多発)のライセンスを取得できます。

なお、一般大学とは位置付けが違うので、大学卒業資格の学士は取ることができません。

航空会社就職後の取得

一方、学校を卒業後、各航空会社に就職してからパイロットを目指す方法もあります。各航空会社で設定された自社パイロットの養成訓練の実施を受けてライセンスを取得します。

この方法は、かなり狭き門で採用試験も難しくなっています。

このほかに、最近では大学に設置された専門課程を受講したり、民間のパイロット養成機関を受講してライセンスを取得するという方法もあります。

いずれにしても、パイロットはそう簡単になれるわけでははなく、厳しい道のりです。

パイロットに必要な資格

パイロットに必要な資格は国家資格であり、次の3つに分かれています。

自家用操縦士

自家用操縦士は、いわゆるセスナなどの個人利用の航空機用のパイロット資格です。

事業用操縦士

事業用操縦士は、警察や消防関係の飛行機を操縦するパイロットや農業用の農薬散布用飛行機のパイロット資格になります。

定期運送用操縦士

定期運送用操縦士は、JALやANAなどの航空会社の飛行機を操縦するパイロット資格です。

それぞれ、ライセンス資格を取得するために、専門の勉強を修了しないと資格は付与されません。

パイロットで活躍するために必要な能力

パイロットで活躍するために1番大切な能力は、冷静さと慎重さです。上空でなにか異常事態が起きたときに、落ち着いた対応ができなければ、多くの死につながる事故が起きてしまうかもしれません。

また、厳しく健康管理ができることも大切な能力の1つだといえます。フライトは大変神経も使いますし体力も消耗します。

そういったハードワークに耐えうる体力も持ち合わせていなければいけません。

さらに、計器も含めて一瞬一瞬でさまざまな判断を求められるので、多方向に集中できる能力も求められます。

まずは転職サイトで可能性を

パイロットへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、パイロットへの転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る