ホストをやめたい!想像しているよりも、高いコミニケーションスキルが求められる

記事の著者:1868593

華やかな夜の世界。稼げることを理由にサラリーマンからホストに転職する人も少なくありません。

しかし、そんな夢のような職業であってもやめたくなる瞬間はあるもの。

たしかにお金は稼げますが、大金を手に入れるためにそれだけの努力が必要なのです。

ホストをやめようと強くを思った瞬間

夜の世界で女性に夢を与え、毎日お酒が飲め、一見楽しそうな職業ですが、つらいことも多いのも事実なのです。

やめる理由として多いのは、大切にしたい女性ができたときです。相手の両親への挨拶や、女性へ敬意を払いホストをやめる人は多くいます。

また新人頃はとくにやめたいと感じる瞬間が多く、お酒を毎日飲んだり、夜働いたり、話をあわせるのが大変だったりします。上に上がっていくためには、精神的にも肉体的にも大変なことが多いのです。

ホストをやめるべき人の特徴

お酒が飲めない人は続けるのは難しいでしょう。お客さんにお酒を買ってもらえないと、自分の収入も増えません。そのためには、自分もある程度飲めないと仕事になりません。

また結婚を考えている女性がいる場合は、相手方の両親に会う前にやめたほうが得策かもしれません。女性の理解があっても、両親からしたら、賛成はできないのが現実と言えるでしょう。

ホストをやめる前に、考え直してみること

つらいことがあったとしても、この仕事にまだ未練があるのであれば、まず先輩ホストへ相談してみましょう。先輩ホストもやめたいと思った経験があるはず。

話すことで気持ちが整理され、新たな気持ちで仕事ができるかもしれません。

また仕事が思うようにうまくいかないときは、ナンバー入りホストの業を盗みましょう。先輩にできて、今の自分にできていないことは何でしょうか?なぜ先輩は人気なのでしょう。

業を徐々に自分のものにしていくことが大切なのです。小さな積み重ねが大きな成果へとつながるでしょう。

ホストをやめるべきでない人の特徴

女性と話すのが好きで、楽しませたい気持ちがある人は、ホストという接客業には向いているでしょう。少しでも未練があるのであれば、まだやっていくべきなのかもしれません。

ホストも年齢との勝負。超有名ホストにならないかぎり、若いときの方が稼げます。プライベートと仕事のバランスや、ライフプランを考え、どうするか決めるのがいいでしょう。

どうしてもやめたいとき、円滑に確実にやめる方法

どうしてもホストをやめたいという場合、1番避けるのは飛ぶことです。飛ぶというのは音信不通でいなくなることです。また飲み代のツケが残っているのであれば、これもきちんと精算しましょう。

円満にやめるにはやはりきちんと、退職の意思を伝えることです。やめる理由もきちんと伝えるべきでしょう。すでに次の仕事が決まっているのであれば、そのことも伝えたほうがやめやすいです。

やめさせてくれないという場合は専門の弁護士に相談するいう手もありますが、まずはきちんと退職の意思を伝えてみましょう。円満にやめることになれば、店でイベントを開き送り出してくれることもあるでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

ホストから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、ホストから異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る