歯科技工士はつらい、きつい?納期があるにも関わらず、完璧なものが求められる

記事の著者:1978020

歯科技工士は、歯科医師が頼んだ入れ歯やマウスピース、詰め物などを作成する仕事です。

私たちの健康な歯がダメになってしまったとき、この歯科技工士が歯の代わりになるものを作ってくれます。とても有難い存在です。

そんな歯科技工士ですが、正確さが必要になる非常に手と頭を使う仕事になってきます。そのため、色々とストレスが溜まりつらい思いやきつい思いをしている仕事でもあります。

つらい、きついと思った瞬間

手際が悪いと務まらない

歯科技工士は手際がとても需要な仕事です。手際が良くないと納期が遅れるリスクがあります。納期が遅れてしまうと、患者の診察時に間に合わなくなってしまうので、迷惑がかかります。

そのため、手際が遅いと後工程が詰まるので納期に追われて、自分がつらいと感じる歯科技工士が多いです。

時間をかけて、完璧なものを作らなくてはならない

短時間で完璧な物が作れたら、それが1番理想的ですが、歯の設計はそう簡単にはいきません。入れ歯やマウスピース、詰め物は1ミリ単位でもズレてしまうと、患者が痛みを感じる原因になります。

そのため歯の設計は難しく、複雑で、時間がかかります。かつ完璧なものを作らなければ、患者に負担がかかってしまう場合があります。

歯科技工士の仕事によっては、健康な歯を無くしてしまうリスクも0ではない、非常にストレスがかかる仕事なのです。

機械操作になれるのに時間がかかる

歯科技工士は機械を使って作業します。まずは機械に馴れるまで時間がかかります。

しかし慣れていないときでも納期はあります。いつも納期に追われる仕事のため、機械の操作で戸惑うと残業になることもあるのです。

仕事とお金が割に合わない

歯科技工士は精密な作業をおこない、リスクもあり納期に追われる仕事です。また国家資格でもあります。しかし賃金は割に合わない程安いところが多いそうです。

そのため、その賃金の低さから転職を考える人も少なくないのです。

また最近では3Dプリンターの開発も進み、入れ歯やマウスピース、詰め物が、今までもよりも簡単に作れる時代になりました。まだ完璧ではないので、歯科技工士の仕事は多いですが、いつか歯科技工士の存在が無くなる日が来るかもしれません。

つらさ、きつさの解決方法

完璧な物をつくるにあたって

完璧な物を作らなくてはいけないという責任感は大きいです。しかし、ストレスを感じていては完璧な物を作るのは難しくなります。

また完璧は上り詰めると、キリがありません。

自分自身のスケジュール管理がとても大切な仕事になるので、時間内より良いものを作ることを目標にしていくのがいいでしょう。

機械操作にあたって

機械の操作は馴れるしかありません。しかし、馴れるのを少しでも早くする方法はあります。それは先輩たちにコツを聞くことです。歯科技工士の機械は馴れることでどんどんと技術が磨かれていきます。

技術が磨かれている先輩にコツを聞き出すことで少しでもステップアップすることが可能です。

働く前と後の印象の違い

歯科技工士という仕事は機械を操作する国家資格ということもあり、給料も高そうなイメージを持ってこの職業に憧れる人も多いです。

しかし、歯科技工士はとても過酷な職場環境の場所が多いのが現実。そのような場所で働くには、根性と精神力が必要になります。