税理士はつらい、きつい?ミスができないというプレッシャーが大きい

記事の著者:1978020

税理士は、主に相続税や所得税などの税に関する相談や手続きを私たちの代わりにおこなう仕事です。税理士になるのは難しいとされているので、税理士を目指す人は実に多いです。

税理士はなるまでも資格取得が大変ですが、なってからも大変なことが多いといわれています。

税理士として働いていてつらいと思う瞬間について紹介します。

つらい、きついと思った瞬間

一桁の数字ミスも許されない

税理士は毎日大量の数字データを目にすることになります。そのため頭が混乱して数字ミスをしてしまうことがあります。

しかし税理士が数字ミスをすると、脱税になってしまったり、不要な税金を納めたりと、顧客や国に迷惑をかけてしまいます。

なので、ミスができないというプレッシャーがつらいと話す税理士もいます。

事務所の資金集めがしんどい

税理士になったからには個人で活躍したいと思うのが一般的です。お金がないうちは、ほかの人の事務所で事務員として雑務や手伝いをしていますが、いずれは個人の事務所を設立するためにお金を貯めるのが一般的です。

しかし、この資金集めが実は少し大変なのです。この資金集めに苦労しています。

顧客がこない

税理士として仕事をするためには顧客が必要です。大きな企業でも家庭でも個人でも誰でもいいのですが、税の相談や税の管理者を探している人を見つけないと仕事になりません。

そのため顧客を捕まえることが大変だといっている税理士もいます。

つらさ・きつさの解決方法

資格を取ることが税理士最大の難関ですが、取得後も何かと苦労が絶えないのも事実です。それに対する解決方法をいくつか紹介しますので是非参考にしてみてください。

事務所関係

事務所の資金集め、顧客が来ないなどの悩みは宣伝をあげると解決することがほとんどです。会社に対してはパンフレットを持っていき宣伝するといいでしょう。

家庭や個人はホームページやSNSなどインターネットを使った宣伝がおすすめです。

ミス対策

数字ばかり見て疲れてしまいミスをしてしまうという対策は適度な休憩が必要になってきます。

税理士の資格を持っているということは素質はあるので、ミスをしてしまうのは日頃のストレスや疲れが度重なっていたり、初めてで緊張しているなどの原因が考えられます。

そのため、ストレスや緊張をほぐしてから作業をするといいでしょう。

働く前と後の印象の違い

働く前から税理士は資格取得で忙しくて大変な思いをします。その後もなにかとつらさやきつさがあるものです。

ですが、自分の事務所を持って立派な仕事をすることには違いありません。あなたがもし税理士を目指しているのであれば努力が必要です。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。