ディーラーはつらい、きつい?なかなか車を買ってもらえないご時世

記事の著者:1978020

ディーラーとは自動車販売会社で車を売る身近な仕事。

人生において大きな買い物でもある車の購入。最近は若者の車離れもあり、なかなかノルマを達成できず苦しむディーラーは少なくありません。

しかし大きな金額を動かしたときの達成感は大きい仕事といえるでしょう。そんなディーラーのつらい・きつい瞬間を紹介します。

つらい、きついと思った瞬間

車が売れない

車が売れないという悩みはディーラーの多数が持っている悩みです。ほとんどのディーラーには、ノルマがありノルマを達成できないという悩みが付き物です。

また車が良く売れるご時世でもないため、より苦しさを感じます。

しかしノルマを達成できなければ、出世はできません。結果を出すことが、仕事人生の命運に関わることのため、よりつらさを感じる人が多いのです。

客の要望が多い

車本体の見本を見てから買いたい。乗り心地を試してみたい。などの客の要望は聞けます。しかし、オプション付きの車体を見たい。など無理なお願いをしてくるお客さんもいます。

その場合ディーラーは断るしかありません。断った場合、買ってもらえないことが多いのです。自分の実力以外のところで客を逃すのは、なんとも言えない悔しい気持ちになるディーラーは多いのです。

値切ってくる客が多い

車は高額な買い物になります。そのため端数を値切ってほしい。あと1万円値切れないの?など値切り交渉をするお客さんがほとんど。関西ではありがちなことなので、関西のディーラーは馴れているかもしれません。

しかし関東のディーラーからしたら対応が難しいのも事実。どこまで値切れば買ってもらえるのか、ほかの職種とはまた異なる営業能力が求められるのです。

つらさ、きつさの解決方法

ディーラーの悩みの多くは、お金や出世に絡むことなのでストレスが溜まりやすいでしょう。

お客さんへの対応

無理難題をいうお客さんへの対応策としては、上手く客に諦めてもらうか、客の要望を聞いてあげるかの二択しかありません。

そのため、値切りには上限があることを先に伝えることが対策方法です。またエアロなどのオプションに関しては、カタログや写真で対応するしかないでしょう。

ただし、1台でも多くの車を売るために大切なのは、客の要望を聞いてあげることではありません。どれだけお客さんに信用してもらい、仲良くなれるかが鍵なのです。

自分にしかない魅力でお客さんに誠心誠意向き合うことで、お客さんもきっと心を開いてくれるでしょう。

車が売れない

いつもお店の中が満員ということは少ないのでは?まずはお客さんを呼び込みましょう。

お客さんを呼び込むためにはチラシが必要です。チラシに力を入れてみるのはどうでしょう?またお店を出て行ってしまうお客さんに対しては、すぐに出て行かない工夫考えてみることも大切です。

お茶やお菓子を出して、話だけでも聞いてもらい購入に対して前向きな気持ちになってもらうことが重要です。

自動車販売店に入っただけで、確実に見込み客です。うまく捕まえることができれば、必ず自分の顧客にできるでしょう。

働く前と後の印象の違

働く前は車を売るだけの仕事と軽視されやすいですが、現実はノルマや無理難題な要望をしてくる客が多くて困ってしまう人も多いです。しかし、仕事を続けていくと車を売るコツもわかってきます。

初めは大変な仕事ですが、長く続けていくことで自分の腕が磨かれて楽しく仕事ができるのがディーラーなのです。