料理人はつらい、きつい?年功序列の業界。まずは皿洗いをひらすら続けるのが鉄板

記事の著者:1978020

食とは人間が生きるうえで、楽しみであり大切なことです。

食材を駆使して、チーム一団となり、最高の品を届ける料理人は、とてもクリエイティビティな仕事といえるでしょう。

そんな料理好きや料理上手な人が目指す職業である料理人。しかし料理人は過酷といわれる職業の1つでもあります。

今回は料理人のつらさ・きつさについて紹介します。

つらい、きついと思った瞬間

皿洗いがきつい

「料理をするために料理人になったのに、新人の頃はずっと皿洗いできつかった」と語る人が多いです。

皿洗いは重要な仕事ですが、みんなが料理を作っているなか、1人だけ皿洗いをしているのはつらいもの。また水で洗うことがほとんどです。そのため冷水で手が傷んでしまうこともあります。

料理をさせてもらえないとき

「料理人になったのに皿洗いや給仕をさせられて腹が立った」という人もいます。料理をするために働きに来たのに、料理ができないのは屈辱ともいえるでしょう。

しかし料理界では多い話です。師弟関係が厳しい業界のため、下積み時代にどれだけ師匠の技を盗み、自分のスキルをあげられるかが、成功への第一歩になります。

料理が上手くいかないとき

お店で出す料理は、いつも同じ味である必要があります。また時間との勝負でもあり、家で作るのとはまた話が違います。

お店では、美味しくできなかったりといろいろなトラブルが発生しがち。料理が上手くいかないと料理人としてやっていける自信も無くなるため、つらい感情が生まれてしまうこともあります。

客が来ないとき

自分でお店を持っている場合、客が来ないと収益になりません。やはり料理人になったからには自分の料理を食べてほしいものです。

最近はInstagramなどのネット施策を考える必要もあり、お店を経営していくには、料理の腕のみではなく、経営者としての力も試されます。なかなか簡単なことではありません。

つらさ、きつさの解決方法

料理が上手くいかないとき

1番の悩みは料理が上手くできないことでしょう。料理が上手くできないと料理人としてのモチベーションや、プライドもなくなっていくでしょう。

しかしこればかりは料理の腕を磨くことしか、解決策はありません。友達や親、恋人などに自分の手料理を振舞ってみて、美味しいかどうかを審査してもらうといいでしょう。

また調理場でのシミュレーションも欠かさずにおこない、諦めずコツコツとスキルを伸ばしていきましょう。

料理をさせてもらえないとき

お皿洗いや給仕ばかりで料理をさせてもらえないとストレスになります。しかし料理の世界は、年功序列や料理人歴が左右される仕事です。

たとえほかの人より上手くできても、それをアピールすることすら許されないでしょう。

この問題に対する1番の方法は、仕事以外の場で料理をすることです。YouTubeやInstagram、Twitterなどで自分の料理を上げてみたりするのはどうでしょう?

もし人気になれば仕事場でも、あなたの評価が変わっていくでしょう。

客が来ないときの対応

客が来ないのは立地の悪さがあげられます。まずはSNSを使い宣伝をするのが、1番いい方法でしょう。InstagramやTwitterなどを使い、自分の店を宣伝してみるといいでしょう。

SNS上で話題になり、客の数が大幅にアップしたお店は少なくありません。

ネット映えするような新作メニューを考えてみるのも大切なことかもしれません。

働く前と後の印象の違い

働く前、「自分の料理を披露するぞ!」と意気込んで料理人を目指していたでしょう。しかし、現実は皿洗いや給仕などをさせられることが多い職業です。

そのためギャップを感じて辞めてしまったり、独り立ちをしたりする人もいるでしょう。

ただしどこに行っても飲食の世界は、年功序列や料理人歴が左右される仕事。まずは周りから評価されるよう、諦めずコツコツ努力をすることが大切です。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る