建築士はつらい、きつい?顧客の要望と安全性がマッチしたデザインの考案が大変

記事の著者:1978020

建築士という仕事は人間の衣食住の住に必要な職業です。そんな建築士は、なるのにも資格が必須となり大変ですが、なってからも苦労が絶えない仕事です。

では、どういうときにつらいのか具体的に紹介します。

つらい、きついと思った瞬間

デザインが思い浮かばない

デザインを考えるのも建築士の仕事です。いいデザインを考えないと顧客は満足してくれませんし、顧客が満足してくれれば次の仕事も任せてもらえるかもしれないので毎回が全力です。

その全力に疲れてしまう建築士もいます。

無理なデザインを要求される

建築士は安全性も考慮してデザインを考えます。しかし顧客からこのデザインは嫌だと言われてしまうことがあります。しかし、建築士も安全性を無くすわけにはいかないので顧客にどう折れてもらうかを試行錯誤しなくてはいけません。

そのようなときのコミュニケーションも大変ですができるだけ要望を応えるために違う方法は無いのかどうか考えることも大変です。

違うデザインにしてくれと急に頼まれる

デザインが決まり作る段階になってから、やっぱりデザインを変えてほしいと頼んでくるお客さんがいます。そうなると徹夜で新しいデザインを考えなければいけません。

新しいデザインに変更となると必要な材料も変わってきて色々と話が変わり面倒に感じてしまうという人もいます。

つらさ、きつさの解決方法

顧客の要望について

顧客の要望をできるなら叶えてあげたいと思うのが建築士です。でも、急にデザイン変更を頼まれたり、無理なデザインを要求されたときは叶えてあげられないこともあります。

しかし、あなたの口話術次第で状況を変えられる可能性があります。例えば「お客さんのデザインはステキですね。ですが安全性に問題がありますのでこのデザインはどうでしょうか?」と似ているけれど安全性に特化したデザインを提案すると良いでしょう。

デザインが思い浮かばないとき

建築士としていいデザインが思い浮かばないことは死活問題です。机に向かっているだけでは良いデザインは思い浮かびません。外に出てさまざまな刺激を受けることで素敵なデザインが浮かんできます。

建築物を見るのが1番いい刺激になります。とくに外国の建築物は日本にはない建築物なので、視察にいくことをおすすめします。

働く前と後の印象の違い

働く前は人の住を任せてもらえるうえ、資格も必要な仕事なのでとても立派でやりがいがある仕事だと思いワクワクするでしょう。しかし、働いているうちにデザインが思い浮かばなくてつらくなってしまうこともあります。

お客の要望に答えてあげられないなどの悩みがつきものですが、自分が設計した家が完成し、お客さんに喜んでもらえたときは非常にやりがいを感じることができます。自分のデザインが長く人に受け継がれていく素敵な仕事ですので夢を諦めずに仕事にしてください。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)