葬儀屋はつらい、きつい?綺麗なご遺体ばかりではなく、精神的につらいこともある

記事の著者:1889196

葬儀屋は、遺体を管理し、遺族の代わりに葬式を始めから終わりまで責任をもって遂行することが仕事です。

人は必ず亡くなりますが、葬式に慣れている人はいません。身内が亡くなり、どう葬式をすればいいのかわからない遺族をサポートする重要な仕事。

遺族の気持ちに寄り添う意義のある仕事、葬儀屋について考えていきます。

葬儀屋になって、つらい・きついと思った瞬間

親族は、葬儀に対する親族の皆様の考え方の違い、葬儀費用など金銭でもめることが多いです。

どこの檀家なのか、宗教宗派はどこかといった話についてもデリケートな問題なので、必要以上に気を使います。遺体の前で骨肉の争いが繰り広げられる中で、折り合いをつけなければならない葬儀屋は、精神的にきついと感じることも少なくありません。

24時間体制で当直夜勤

人はいつ亡くなるかわからないため、葬儀屋は、24時間体制で当直夜勤があるところが多いです。また葬式は亡くなってからすぐにおこなうことが多いため、短期決戦です。

朝早く、夜遅いは当たり前です。休暇も取りにくいのがつらいと感じるときもあります。

綺麗なご遺体ばかりではない

綺麗なご遺体ばかりではありません。そのような遺体を目にするのは、つらいし、気が滅入ります。最近では、孤独死も少なくないので、死後、日数の経って腐敗が進んでしまっているご遺体を、目にするのがつらいときもあるでしょう。

また葬儀屋は、ご遺体を処置してきれいにしなければなりません。まだ仕事に慣れないうちは、精神的に苦痛を感じてしまう人もなかにはいます。

意外と重労働

ご遺体を運ぶのも葬儀屋の仕事になります。車でご遺体の近くまで行けない場合、人力で車まで運ばなければなりません。棺を運ぶさいに、腕や腰が痛くなることもあります。

ほかにも葬儀屋は、祭壇を組み立てたり返礼品の段ボール箱を運ぶ仕事もあり、体力勝負です。また、葬儀の間、暑くても寒くても延々と外に立ち続けなければならないことも多いです。葬儀屋は、重労働で力が必要な仕事ともいえるのです。

つらさ・きつさの解決方法

遺族から感謝の言葉をもらえると、仕事に責任を感じ、やりがいを持って働くことができるでしょう。打ち合わせでは気丈に振る舞っていても、出棺の際に蓋を閉じるときにボロボロと泣き出す遺族も多いです。

葬儀屋は、大切な人を亡くされて悲しんでいる遺族の方々に頼りにされる仕事です。きつい仕事ですが、毎日たくさんの人の死にかかわり、亡くなった方のお話やエピソードを聞いていると、色々な生き方があることを知り、人生の勉強になるでしょう。

なくてはならない存在だと、胸を張ることで、つらいことやきついことも乗り越えられるかもしれません。

働く前と後の印象の違い

葬儀屋に就職するときは、大変やりがいと意味のある仕事だと思って入社する人が多いでしょう。もちろんそうなのですが、人の死を間近に感じる仕事でもあります。この人の死を深く考えずに入社してしまうと、精神的にも体力的にも働くことがつらくなってしますでしょう。

また葬儀屋の勤務時間は想像以上に長いときがあります。通夜では振る舞いがあり、集まった方々全員が帰宅してから職員は帰るので、どうしても夜遅くなります。しかし、次の日、火葬が朝早くから予定されている場合は、早朝出勤となります。早朝勤務などは毎日ではないですが、過密スケジュールになっても、体調を崩さず勤務できるよう、体調管理には必要以上に気を遣う必要があります。

しかし葬儀屋になり、人が亡くなることに関わることで、たくさんの人が集まり、涙する様子を見ていると、人は1人で生きているわけではないことを実感することができます。つらいことやきついことが多い職業ではありますが、大変素晴らしい仕事です。