マジシャンになるには?弟子入りすることがプロへの近道

記事の著者:1272687

マジシャンの仕事は、TVやステージでマジックを披露したりマジックショップでアイテムの実演販売することです。

一流マジシャンとなればワンステージで億単位の報酬を稼げる夢のある仕事でもあり、非日常的な不思議な世界観を作り出すアーティストでもあります。

これからマジシャンの仕事について詳しく紹介していきます。

マジシャンのなり方

マジシャンはアマチュアとプロに分かれており、マジックで生計を立てているプロのマジシャンはごく一部です。生業とするには才能と日々の努力が必要です。

マジシャンになるには、マジックの基本的なテクニックを習得することから始まります。練習を積み重ねてスキルアップをしていくことが肝心です。ステージでの失敗は許されないためプレッシャーとの闘いです。

活躍できるマジシャンになるには、プロのマジシャンに弟子入りすることが最も近道です。マジックの道具の扱い方とマジックのテクニックのほか、ステージでの客を盛り上げる話術と進め方なども学べます。

師匠が芸能人の場合は、弟子入りしたら自分も芸名をもらい各芸能事務所に所属し、師匠の手伝いやマジックの練習、営業活動をします。

マジックバーで活躍するプロのマジシャンに師事するならお店の店員として従事しながら勉強していくことになります。

マジックの練習方法

アマチュアのマジシャンになるには、最初はポピュラーなコインマジックやトランプを使用したカードマジックから習得するのが一般的です。

最初はマジックに関するビデオや書籍などを利用したりマジックショップで道具を購入し独学で練習してみることから始めるのが基本です。

更に基礎的なテクニックを学べるカリキュラムが組まれているマジシャン養成スクールを利用することも効果的です。

マジシャンとしてステージに立つには

知名度のある一流マジシャンの大半は、各芸能事務所に所属してマジックを披露しています。

マジックバーのお店と専属契約しお客さんと近い距離でマジックショーを開く方法もあり、安定的な収入が見込めます。

個人で営業活動をしてマジックショーを開くという手もありますが、集客するにはお金や知名度、コネも必要となり、なかなか難しいです。

マジシャンに必要な資格

マジシャンになるには、特に資格は必要としません。

マジシャンは新しいマジックを考案する発想力が豊かな人が向いています。化学を応用したマジックなどでは理科の知識が役立つでしょう。

マジックを行う上で手の指が長い人や大きい人は有利とされており、一流のマジシャンでは該当する方も多くいます。

海外でマジシャンの修行や公演を行う方は英会話能力も必須です。

マジシャンになるには、練習でテクニックを磨くことが大切です。

また、手先の器用さや、生まれ持った才能なども大きく関係してきます。

マジシャンで活躍するために必要な能力

人にはないものを生み出す発想力とそれを形にする力が大事です。オリジナリティのあるマジックは、特にプロのマジシャンとして活躍するには重要なファクターです。

お客さんを自分のマジックの世界に引き込むために、高いコミュニケーション能力も求められる職業でもあるので、トークスキルを磨くことも大切です。

マジックのスキルの向上には毎日の地道な練習も必要であるため、努力を惜しまない人が向いています。

最後に、マジシャンになるには常に新しい物に目を向ける好奇心や探究心も必要な要素であり、幅広い視野を持つことが大事です。