芸能リポーターになるには?マスコミ関係の学校に通うのが主流

記事の著者:1150122

テレビをみているとさまざまなレポーターをみる機会があります。そんなレポーターの中でも、芸能に関する情報を伝えているのが芸能リポーター。

芸能リポーターは、適切な情報を受け手に伝えるという大切な役割を担っている仕事です。

話し方や表現力に自信がある人には、おすすめの職業です。

芸能リポーターのなり方

芸能リポーターとなるためにはまず、放送局や制作会社に所属しなければなりません。芸能リポーターとして仕事を募集しているところはほとんどないからです。

最初は放送局などに所属して、取材や報道担当として下づみをするところからはじまることがほとんど。

一般には、放送局にアナウンサーや記者として採用されることが多いです。そのほかには、番組制作会社に所属して、放送局からの依頼で取材をおこなうという場合もあります。また、雑誌編集局などに就職して記者となってリポーターを目指す道も。

リポーターは、現場を飛び回って取材相手の生の声を伝えることが仕事なので、現場での下づみが非常に重要となります。そのため、大学や専門学校を卒業しなければならないということはありませんが、未経験からいきなりなれるような仕事ではありません。

ただし、将来、芸能リポーターになりたいのであれば、大学や専門学校などでマスコミ系の学科で勉強をしておいたほうが就職には有利です。その意味で、芸能リポーターになりたいのであれば、マスコミ系の学科で勉強しておくのがいい方法です。

芸能リポーターと言っても仕事の内容はさまざま。そのため、特定のジャンルについて強い個性と得意分野を作っておくと、就職のときにアピールできます。

芸能リポーターに必要な資格

芸能リポーターになるために、特別な資格は必要ありません。しかし、芸能リポーターになるための一般的な道となっているマスコミ関係の仕事に就くためには、マスコミ関係の学科のある大学や専門学校に所属しておくことがおすすめです。

とくにリポーターとして活躍したい場合には、アナウンサーなどを養成する専門学校や、テレビ局のアナウンサー養成校などに所属しておくとそのまま芸能リポーターとして採用される可能性も高くなります。

テレビ局のアナウンサー養成校は非常に倍率が高く難易度も高いですが、在籍中にテレビ局での仕事をもらえたりすることもあるので、早くから経験をつみたい人にはピッタリです。

芸能リポーターとして活躍するために必要な能力

芸能リポーターには、その場の雰囲気や取材内容について受け手に正確に情報を伝えるという大切な役割があります。そのため、芸能リポーターとして活躍するためにはどうしても表現力が重要です。

正確な言葉遣いだけではなく、その場に応じて言葉を使い分けるという臨機応変さも重要となってきます。

そして、専門分野に特化した知識を身につけておくことも重要です。芸能業界のことであれば、横のつながりも非常に大切なので、協調性も重要。

さらに、的確な質問を相手に投げかけるための質問力も求められます。相手の本音を聞き出すには、リポーターがどんな質問をするかにかかっています。