ゲームクリエイターになるには?ハードワークに負けない情熱が必要

記事の著者:1150122

テレビなどの広告で、面白そうなゲームのCMがたくさん流れています。そんなゲームを制作しているのがゲームクリエイターです。

ゲームクリエイターとは、ゲームの製作にたずさわる人全般を指す言葉で、1つのゲームを完成させるためには数百人での共同作業となることも多い仕事です。

ゲーム好きにとってはあこがれの仕事ですが、実際にはハードワークな仕事です。

ゲームクリエイターのなり方

ゲームクリエイターは、さまざまなジャンルにわたるゲームソフトを製作する仕事です。ゲームクリエイターになる最も一般的な方法は、ゲームスクールなど専門学校に行くことです。

ゲーム制作を目的とした学科や専門は大学にはほとんどないので、ゲームクリエイターとなる一番の近道は専門学校。専門学校に通った後、ゲーム業界に就職することになります。

ゲーム全体の製作のリーダーとなるプロデューサー、ゲームシステムを構築するプログラマー、キャラクターや背景といったグラフィックを製作するグラフィッカーなど、ゲーム製作の仕事はさまざまです。

そのため、ゲーム製作に関する基礎的な知識を身につけるためには、ゲームスクールに通うのが一番の近道。就職のサポータ体制も整っているので、ゲーム業界への就職もしやすくなりゲームクリエイターになりやすくなります。

ゲームクリエイターとなるための就職先としては、ゲームメーカーとゲーム開発会社があります。ゲームメーカーの場合、仕事が細かく細分化されているため、特定の仕事だけを任されることが多い一方で、ゲーム開発会社の場合、ゲーム開発について幅広く担当することになることが特徴です。

ただし、就職してすぐにゲームクリエイターとして活躍できるわけではなく、まずはゲームメーカーやゲーム開発会社に就職して仕事を理解することから始めなければなりません。

ゲームクリエイターに必要な資格

ゲームクリエイターに絶対必要となる資格はありません。ただし、ゲームクリエイターとしての能力の証となるような資格はあります。例えば、CGクリエーター検定・CGエンジニア検定・マルチメディア検定・画像処理検定などはゲームクリエイターとして基礎的な仕事ができるだけの能力の証となるでしょう。

資格があるからといって、ゲームクリエイターになるのに有利になるわけではなく、基礎的な能力を効率的に身につけるために、資格を利用することが大切です。

そのため、これからゲームクリエイターを目指す場合には、これらの資格を視野に入れつつ、基礎的なPCスキルを磨いておくことがゲームクリエイターになるための近道となります。

ゲームクリエイターとして活躍するために必要な能力

ゲームクリエイターとして活躍するために必要な能力は、ゲームが好きという気持ちです。ゲーム制作においては、過去にまだないものを製作するわけですから、ゲームが好きで新しいゲームを作りたいという気持ちがなによりも重要です。

また、ゲーム制作ではしばしば労働時間が長くなったり、休日返上となることもあります。そんな労働環境の中でも、ゲーム制作に集中するためには、ゲームが好きという気持ちが重要となります。

その上で、独りよがりのゲーム制作をするのではなく、ユーザー目線で楽しめるゲームを制作できる能力が大切です。ゲームの製作にもお金がかかりますから、必ず利益を出す必要があります。

そのためには、ユーザー目線で売れるゲームを制作しなければなりません。ゲームクリエイターとして活躍したいなら、ユーザー目線でゲームが作れる能力が大切です。