ゲームシナリオライターになるには?プログラミングの基礎知識が必要

記事の著者:1150122

最近では、ストーリーが作りこまれたゲームも少なくありません。ゲームのストーリーに感動したという人も少なくないはずです。

綿密に作りこまれたシナリオは、ユーザーをゲームの世界観に没入させてくれます。そんなゲームのシナリオを製作するのがゲームシナリオライターの仕事です。

しかし、ゲームシナリオライターとして活躍するのは、簡単な道ではありません。

ゲームシナリオライターのなり方

ゲームシナリオライターは、ゲームのシナリオ製作をするのが仕事の職業です。ゲームシナリオライターとなるために特化した専門学校のようなものはありません。そのため、就職までに基本的なゲーム製作に関する事項を学びつつ、シナリオの書き方を学んでいくことになります。

ゲームのシナリオを作成する仕事上、脚本を書けることが重要です。また、ゲームの基礎的な構成やゲーム特有の作成方法についても、理解しておかなければなりません。

そのため、まずは舞台の脚本や小説などについて学ぶことができる専門学校に通うことも方法の1つです。ゲームのシナリオにおいても、基本は起承転結であり、ストーリーに一貫性を持たせるためにも脚本や小説の構成について学ぶことは大切です。

また、ゲーム関係の専門学校に通学してゲーム会社に就職後ゲームシナリオライターになるという道もあります。その場合、まず専門学校でゲームに関する基本的な知識を身につけながら、ゲームのシナリオについては独学で学ぶことになります。

ゲームのシナリオを書くためには、詳細なプロットが必要です。日本語で「筋」と呼ばれるプロット1つ1つをよどみなくつなげられることが、プロのゲームライターとしての仕事です。

ゲームシナリオライターは、ゲーム会社に就職後、先輩のの下について必要な知識を身につけていきます。ほとんどのゲームシナリオライターがこの方法で活躍していきます。

ゲームシナリオライターに必要な資格

ゲームシナリオライターとなるために特別な資格はいりません。資格がないからといって、ゲームシナリオライターになれないということはなく、ゲーム製作全般に関する基本的な知識を身につけておくことが必要です。

就職のときにも、シナリオライターとして募集があることは少なく、ゲーム制作全般の知識が求められます。

ゲームシナリオライターといえども、プログラミング、キャラクターデザインを描くためのグラフィックなど、コンピューターに関する最低限の知識は必要です。シナリオだけを書ければいいわけではないので、きちんとゲーム制作に必要となる知識は身につけておかなければなりません。

ゲームシナリオライターとして活躍するために必要な能力

ゲームシナリオライターとして活躍するために必要な能力としては、ゲームが好きであるということが前提条件です。ゲーム制作は短期間の間にハードワークをこなす必要があるため集中力が必要となります。

ゲームが好きでないと集中力が長続きしないため、ゲームシナリオライターとして活躍するためには絶対に必要な能力です。

ほかにも、プログラミング・グラフィックデザインなどの知識も必須となります。これを理解していないと、どんなにシナリオを厳密に作っていても、構造的に理解できないということがおこるからです。

そのため、PCに関する知識を最低限身につけた上で、シナリオを書けるだけの能力が必要となります。