国際公務員になるには?募集ポスト分野での、博士号取得が必須の可能性が高い

記事の著者:1150122

国際公務員は、国際連合などの国際機関で働く職員のこと。世界を舞台に働きたいという人、国際平和のために働きたいという人には、おすすめの職業といえるでしょう。

現在約850人の日本人が、専門職員として世界各地の国連関連機関で仕事をしています。貧困・紛争問題・教育問題・難民の保護・女性の独立・差別問題など、さまざまな問題を日本の立場ではなくあくまでも、中立的な立場で解決していくことが仕事になります。

そんな世界に欠かせない存在である、国際公務員にはどうしたらなれるのでしょうか?

国際公務員のなり方

国際公務員とは、国際連合やその専門機関など、国際機関の事務局に務める人のことをいいます。

具体的な組織名としては、たとえば、国連事務局・国連児童基金(UNICEF:ユニセフ)、国連開発計画(UNDP:ユーエヌディーピー)、国際通貨基金(IMF:アイエムエフ)、世界保健機構(WHO:ダブリューエイチオー)などが有名です。

国際公務員になるためには、原則として国連事務局、もしくは各組織から募集されるポストに応募しなければなりません。空いたポストが無い場合、募集がないこともあるので注意が必要です。

ポストの募集内容はさまざまですが、そのポストに就くためには、学歴・職務経験などの専門性がポストと合致していなければなりません。また国際公務員になるためには、原則として募集分野での博士号の取得が必須となります。専門性と合致した職歴として2年以上の経験が必要になる場合もあります。

そしてもしポストの応募があった場合にも、国連事務局YPP(Young Professional Program)試験を受験し合格しなければなりません。合格までの道のみは、かなり狭き門となっています。

年に一度試験がおこなわれており、書類審査・筆記試験・面接を経て合格となります。

さらに、外務省が主催しているJPO(Junior Professional Officer)として各機関に派遣され、国連職員として働きながらポストを探すということもできます。

国際公務員に必要な資格

国際公務員となるためには条件があります。まず、博士号以上の学歴を有していなければならないことが多いです。そのため、大学を卒業したあと大学院に進学し、前期博士課程(修士課程)を修了していなければなりません。

国際公務員といってもさまざまな機関で働く可能性がありますし、その機関に応じてそれぞれの専門性にあった修士号が求められます。

さらに、英語またはフランス語で職務の遂行が可能でなければなりません。国際公務員として働く場合、国連公用語の中でも頻繁に使われる英語もしくはフランス語において職務遂行が必要です。

ほかにも、応募するポストと関連した分野で2年以上の実務経験を積んでいることが必須になる場合もあります。国際機関は即戦力となる人材として専門家が求められています。アカデミックの世界で学んだことと職務が一貫していることが重要となります。

募集ポストなどによって、条件は異なります。しっかり確認をおこないましょう。

国際公務員として活躍するために必要な能力

国際公務員は、出身国や特定の国歌の利益のためではなく、国際社会の共通の利益のために中立の立場で働かなければなりません。

そのため、高い専門性と語学力が必要となります。国際公務員に必要とされる能力としての専門性は修士号取得レベルです。修士号は学部とは異なり、論文の提出が基本的に必要となるので、自分で研究を遂行するだけの能力が求められます。同時に、高い倫理性も求められます。

そして、国際公務員として活躍するためには、高い語学力が必要とされます。なぜなら、基本的なコミュニケーションはすべて英語でおこなわれるからです。日本以外の国々の人々と一緒に働き、ときには議論をおこなったりします。そのため、国際公務員として活躍するためには、高い語学力が必要となるのです。