国家公務員になるには?採用試験には年齢制限がある

記事の著者:1150122

日本の行政機関で働いている人のことを国家公務員と呼び、日々国益のために仕事をしています。

そんな国家公務員となるためには、試験に合格した後採用されなければならず、大変難易度も高いです。

資格取得までには大変な努力が必要ですが、どの仕事よりも安定して働けるので、人気も高い職業となっています。

国家公務員のなり方

国家公務員となるためには、採用試験に合格することが必要です。国家公務員の採用試験は、採用後にたずさわることとなる仕事の種類や受験資格によってさまざまな種類があります。そして、総合職・一般職・専門職の3つに区分されており、まずは試験区分を選ぶことが必要です。

それぞれの試験では、年齢などの受験資格が定められています。例えば、総合職試験の場合、21歳以上30歳未満でないと受験することはできません。ただし、大学卒業および卒業見込みの方は21歳未満であっても受験が可能です。

それぞれの採用試験に合格し、最終候補となると、最終候補者名簿に記載され各省庁・出先機関・研究所などで採用試験がおこなわれます。試験合格後に希望する官庁を訪問して、面接試験に合格しなければなりません。

この官庁訪問は、希望する機関へ訪問の連絡をして、そこで機関に関する知識を深めるとともに、採用に向けて自分をアピールする機会。採用試験の内容は、各省庁・出先機関・研究所の専門性や特性によって異なります。

官庁訪問のときに試験内容についても説明されるので、自分の希望する職について十分に説明を受けた後で面接試験を受けることが大切です。

国家公務員に必要な資格

国家公務員となるためには、採用試験に合格する必要があります。採用試験に合格して、各省庁に採用されれば国家公務員です。ただ、国家公務員試験に合格すれば、必ず国家公務員として採用されるわけではありません。

国家公務員採用試験には試験区分があり、府省の職務内容に応じて試験が設定されています。国家公務員は倍率の高い試験であるため、試験に合格するためには長期間にわたって勉強にはげむことが必要です。

試験合格後、採用候補者名簿に名前が登録され、各省庁はその採用候補者の中から採用面接などをおこなうことで採用者が決定されることとなります。

国家公務員として活躍するために必要な能力

国家公務員には現在、前例や形式などにとらわれない考え方の柔軟さがなによりも必要です。

従来、国家公務員の仕事は紋切り型でお役所仕事などと揶揄されることもありました。そのような状況をみて、近年ではさまざまな制度や手続きの改善がおこなわれています。

そのため、従来の考え方ではなく、新しい考え方のできる能力が国家公務員には重要。

その他にも、国益のために働くという精神が必要です。国家公務員は国民のために働くのが仕事となります。つねに国民の利益となるよう仕事をすることが、国際公務員には求められます。