宮大工になるには?養成学校に通うか棟梁に弟子入りをするのが一般的

記事の著者:1272687

神社仏閣の建築や修繕が宮大工の主な仕事ですが、時には高度な技術を生かし城の修繕や復元においても活躍しています。

宮大工は、国宝や重要文化財などの歴史的建造物の維持管理や修繕などの重要な職務も担っている仕事です。

宮大工になるにはどうすればいいのか、必要な資格や活躍するために求められる能力について詳しく説明します。

宮大工のなり方

一人前の宮大工になるには、長い年月の経験を必要とし専門的な知識と技術を要します。そのため昔は棟梁に弟子入りをして教わるのが最もポピュラーな方法でしたが、現在では宮大工を養成する学校も設置されており選択肢の幅が増えています。

大学に通う

京都美術工芸大学

宮大工を専門的に学べる大学として伝統建築学科を設置して人材の育成に取り組んでいます。

古都京都の地域に大学があることを生かして木造建築物や歴史な建造物を徹底的に調査し構造の仕組みや図面を作図す実践的な教育がおこなわれています。

ものつくり大学

技能工芸学部建設学科木造建築コースで伝統的な木造建築工法を学ぶことができます。

木材の加工から組み立てまでの高度な技術を習得し、宮大工に必要な基本から応用までの専門的な知識やテクニックを幅広く学びます。

専門大学に通う

伝統文化と環境福祉の専門学校

新潟県の佐渡市にあるこちらの専門学校では地元の官民と協力し将来の宮大工を養成しています。

この学校では、実際の寺社や伝統芸能でもある能の建物を使った実習がおこなわれており、宮大工の技術を覚えることができます。

大学と専門学校を卒業後は工務店や建設会社に就職をして働きながら宮大工の技術を磨いていくことになります。

棟梁に直接弟子入りする

宮大工を専門にやっている工務店の棟梁に弟子入りして宮大工の基礎から習得する方法もあります。最低でも10年程の修行が必要となります。

宮大工と大工の違いは金具を使わない木組み工法と呼ばれる建築工法を扱えるところにあり、木組み工法は宮大工だからこそなせる業です。

宮大工になるには、手先が器用なことに加え図面を正確に読み取ることも重要です。宮大工を養成する学校で建築の基本的な知識と技術を学習することが宮大工になる近道です。

また現在では宮大工の数も減少傾向にあるので、宮大工は日本建築の伝統を守る意味でも重要な仕事です。

宮大工に必要な資格

宮大工になるには資格は特に必要ありません。

宮大工は木組みと呼ばれる金具を使わない特殊な建築工法を用いるため、経験がものをいう仕事でもあります。

しかし現代の在来工法にも精通しているうほうが、仕事の幅も広がるというメリットがあります。

建築士の国家資格や建築大工技能士試験に合格することがスキルアップにつながり、技術の証明にもなります。

図面を的確に読みとることも重要な仕事の1つであり、数学の知識も要する職業です。

宮大工で活躍するために必要な能力

宮大工に求められる能力は様々なものがあります。大工全般に言えることですが、手が器用なことは最低限必要なことです。

また、製図や組み立てる過程において物理や数学の知識もあったほうが望ましいといえます。

一人前の宮大工になるには長い期間の経験が必要とされるため忍耐力も試される職業です。

宮大工の仕事は手間と時間のかかる大変な仕事でもあり責任感も必要です。夏や冬は特に肉体的にも過酷な仕事であるため体力もないと務まりません。

宮大工になるには、専門知識と高度な技術が必須となるため、向上心があり地道に物事を成し遂げる真面目なタイプの人に適性があるといえます。